塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 苧麻でいごに蝶文紅型帷子

2017-05-14 05:09:30 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、玉那覇有公(1936〜 )さんの「苧麻でいごに蝶文紅
型帷子」(1979年、麻、型染、Kimono、bingata dyeing on linen)。
 沖縄・石垣市出身の紅型師である玉那覇さんは、1996年人間国宝
に認定。琉球王国時代から受け継がれてきた紅型に“二枚異型”技
法を考案し、独自の創作活動が続けられている。
 苧麻(“ちょま”とは、イラクサ科の多年草)と沖縄の真っ赤に咲
く花・デイゴ、その間を蝶々が舞っているとても繊細な構図。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Weekendの麺処巡り ふくぼく... | トップ | Weekendの麺処巡り 石榴 で ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。