塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 漂流ものがたり 巡海録

2017-04-19 05:38:12 | ミュージアム巡り_2017
 次の書籍は、伊豆下田代官所の書記役と勤めていた関修齢が記
した「巡海録」。
 宝暦3年(1753)12月10日、八丈島の南岸・大賀郷に唐船が漂着。
この船は前年の11月に浙江省乍浦港から長崎へ向かう途中遭難し
八丈島に漂着。船主は信牌(長崎への入港許可証)を持っており、
江戸御用の品もあった。島役人は御用荷物を蔵に収め乗組員71名
全員を上陸させた。
 八丈島は伊豆下田代官の支配下に有り、代官宛の報告書を送付
し、指示を仰いだところ、代官は勘定奉行を経て老中から将軍の
意向を伺い、乗組員を下田へ移すよう命令が下りる。
 翌年7月1日に下田で人数や荷物点検が行われ、8月17日長崎
へ到着。

 この書には漂着船の積み荷も記録が記載されており、白糖と氷糖
が大量に積まれている。和合丸と大杉丸は、その積み荷や漂流民を
長崎へ運ぶための日本船。また、この書の中には漂着した清国人も
描かれていた。
国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 漂流もの... | トップ | ミュージアム巡り 漂流もの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。