塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 高度成長の時代 沖縄復帰対策

2016-12-24 17:05:08 | ミュージアム巡り_2016
 佐藤栄作首相は、1965年に戦後歴代総理として初めて沖縄を訪
れた際、“沖縄の祖国復帰が実現しない限り、我が国の戦後は終わ
らない“と語り、沖縄返還へ向けての決意を示す。
 また、佐藤首相は核兵器の保有と持込を拒否する“非核三原則”
を明確化し、沖縄の返還に向けアメリカと交渉する。
 佐藤・ニクソン会談によって返還が合意に達し、1970年3月に
日本政府は「沖縄復帰対策の基本方針」を閣議決定。その沖縄復帰
対策要綱には、県民生活から産業活動に至るまで多岐にわたる問題
を解決するため、第一次から三次まで作成されている。
 1971年6月、日米間で沖縄返還協定が調印され、翌年5月に沖
縄の施政権が日本に返還された。
(国立公文書館:千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 高度成長... | トップ | Weekendの麺処巡り うまい麺... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。