塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り ナニデデキテイル 栗の木

2016-10-11 05:39:10 | ミュージアム巡り_2016
 次の作品は、Dunand・JEANさん(デュナン・ジャン、1877〜1942)
の「栗の木」(1922年、色漆・パネル、Chestnut Tree)。
 デュナンさんは、スイス・ランシーで生まれ、1922年にフランスに
帰化。パリに移り住み長い苦悩の後、彫刻家・宝飾家のジャン・ダンに
師事。漆芸家であり彫刻家、銅細家、インテリアデザイナーの肩書き
を持つ。
 当時のアール・デコを取り入れた漆芸で一世を風靡。
MOMAT(千代田区北の丸公園3-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Holidayの麺処巡り 鯛塩そば... | トップ | ミュージアム巡り 写真週報... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。