塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 写真週報 衣料切符

2016-10-31 05:38:23 | ミュージアム巡り_2016
 繊維製品配給消費統制規則に基づく衣料の総合切符制が、1942年
2月1日より実施された。
 展示資料は、衣料切符の見本で、当時の商工省が作成した公文書に
綴り込まれていたもの。
 1から5の数字が書かれている左半分の「小切符」には、二通りの
有効期間が書かれており、総点数80点のうち50点分は1942年8月1
日にならなければ使用できない。
 加えて、手拭いや足袋などを購入する際は、右側に配列されている
“制限小切符”も必要だった。この措置は、必需品の買い占めを防ぐ目
的でもあった。
国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 写真週報... | トップ | ミュージアム巡り 写真週報... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。