塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 茶の湯2 志野茶碗 氷梅

2017-02-12 04:39:20 | ミュージアム巡り_2017
 今年の年始め、千代田区北の丸公園にある東京国立近代美術館工
芸館を訪れた。2月19日まで開催されている「近代工芸と茶の湯2」
の展示物を鑑賞した。

 日本古来の工芸の中で、茶の湯との関わりのウェイトの大きいこ
とが挙げられる。茶の湯の器には造り手の想いや使い手の見立ての
中に、独自の造形や意匠が脈々と流れている。

 展示されている作品は、近代から現代までの作家の表現が垣間見
られ、それぞれで堪能できた。
 まず最初の作品は、荒川豊蔵さん(1894〜1985)の「志野茶碗
氷梅」(1970年、陶器、Tea bowl、Kooriume、shino type)。

 荒川さんは岐阜県多治見市出身の美濃焼の陶芸家で、桃山時代の
志野に惚れ込み、古志野の筍絵陶片を見つけた牟田古窯跡がある場
所に窯を造り、その再現に尽くされている。
 古志野の肌目が良いなあ。
(MOMAT:千代田区北の丸公園1−1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 書物を愛... | トップ | ミュージアム巡り 茶の湯2... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。