塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 鋳銅大膽瓶

2017-08-14 05:39:47 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、大島如雲(1858〜1940)さんの「鋳銅大膽瓶」
(1908年、銅・鋳造、large vase、carp design、cast bronze)。
 鋳金界の大家である大島さんは、精緻な蝋型技法の鋳金家。
 作品名の大膽(だいたん)とは大胆なことなので、おおらかな瓶
という意味だろうか。
 胴回りに彫られているのは鯉かな。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 動物集合... | トップ | ミュージアム巡り 動物集合... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。