塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 写真週報 時の立札

2016-10-29 03:36:52 | ミュージアム巡り_2016
 「写真週報」の表紙裏面(表2)は、創刊以降多くは広告で占めら
れており、1941年11月5日号から「時の立札」が新たに設けられ
ている。

 同年12月10日号までは、新聞記事風の体裁をとっていたものの、
翌週号では写真と標語を用いた檄文風に変更。また、1943年3月
10日号は「撃ちてし止まむ」は、文字の大きさが変えられ、音が
迫ってくるような効果を出している。

 また、1943年2月10日号では読者から寄せられた「時の立札活
用の事例」の中で、学校や地域を媒介して「時の立札」が人々に浸
透していった様子が伺える。例えば掲示板に貼ったり、生徒に書写
させたり、朝礼で朗読したことが紹介されている。

国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 写真週報... | トップ | Weekendの麺処巡り 白河そば... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。