塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 高度成長の時代 文化勲章

2016-11-20 04:38:47 | ミュージアム巡り_2016
 日本のテレビ開発は、飛躍的な進歩を遂げており、1926年には
高柳健次郎さんが機関式撮影と電子式受像の組み合わせによるテレ
ビ実験に成功。1939年にはテレビ放送の公開実験が実施され、実
用化の手前まで進む。
 ところが、第二次世界大戦の勃発によって研究は一時中断。戦後、
高柳さんはテレビジョンの研究を再開し、日本ビクター(現:JVC
ケンウッド)に入社し、技術革新と放送の実用化に尽力する。
 展示資料は、1981年に高柳さんなどが文化勲章を授賞された時
の文書。
(国立公文書館:千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 高度成長... | トップ | Weekendの麺処巡り 京紫灯花... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2016」カテゴリの最新記事