塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 漂流ものがたり 蛾眉橋柱

2017-05-06 04:13:54 | ミュージアム巡り_2017
 文政10年(1827)4月11日、越後国椎谷(現在の新潟県柏崎市)
の海中で奇妙な物が発見される。
 それは“峨眉山下橋”の5文字が彫られた橋柱だった。現地の漁
民は橋柱を領主・堀近江守直哉へ報告する。同年8月、堀は月番老
中の松平和泉守乗寛へ届けていることが記されていた。

 この橋柱は、中国四川省にある名山、蛾眉山のものと考えられる。
展示資料は、「視聴草」にこの橋柱が描かれていた。
国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 漂流もの... | トップ | Weekendの麺処巡り べんてん... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。