塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 金胎蒔絵箱 鹿柴

2017-07-18 05:36:58 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、寺井直次(1912〜98)さんの「金胎蒔絵箱 鹿柴」
(1995年、漆・菌体・蒔絵・卵殻、Box、Rokusai、maki-e and rankaku
on metal base)。
 金胎漆器は、金属を素地に漆塗りを施した漆器のこと。金属に漆
を塗ることは防錆効果を施すもので、甲冑などにも施されている。
 寺井さんの作品は卵殻が使用されており、いつも感嘆させられる。
 作品のタイトル「鹿柴」(ろくさい)は、李白や杜甫と同じ時代に
活動した盛唐の詩人・王維の漢詩のタイトルでもあり、蓋に描かれ
た鹿に意味が隠されているようだ。
 空山不見人 但聞人語響 返景入深林 復照青苔上
 この漢詩・五言絶句の現代語訳は、“人気のない寂しい山には、
人の姿は見えず、ただどこからか人の声が響いてくるだけ。夕日の
光が深い林の中に差し込んできて、また青苔の上を照らしている」。
 また、鹿柴の意味は、“敵の侵入を防ぐため、先の尖った竹や枝
のある木などを鹿の角の形に立て並べた垣“のこと。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 動物集合... | トップ | ミュージアム巡り 動物集合... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。