塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 十二の鷹(参)、(伍)、(六)

2017-08-09 05:37:54 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、鈴木長吉(1848〜1919)さんの「十二の鷹 参 伍 六」
(1893年、青銅・漆・鋳造・鍍金・象嵌、Bronze、Iacquer、casting,
guilding、inlay)。
 金工家の鈴木さんは、江戸時代末期に蝋型鋳金を学び、明治に入る
と工芸品を西洋に輸出する起立工商会社の鋳造部監督となり、内外の
博覧会へ作品を出品し高評価を得る。

 この作品は1893年に開催されたシカゴ万国博覧会出品されたもの
で、出品された全作品の中で最も高い評価を得ている。そのうちの3
体が展示されていた。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 動物集合... | トップ | Weekdayの麺処巡り 麺屋さす... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。