塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 兎文螺鈿飾箱

2017-06-19 05:39:42 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、北村昭斎(1938〜 )さんの「兎文螺鈿飾箱」(1982
年、漆・螺鈿、Box、rabbit design、raden)。
 奈良に生まれて工房を構える漆芸家の北村さんは、螺鈿で1999
年に人間国宝に認定。
 螺鈿は、貝殻の内側の虹色光沢を持つ真珠層の部分を切り出して
板状にし、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む技法。使用され
る貝は、夜光貝や白蝶貝、黒蝶貝、青貝、鮑、アコヤガイなど。
 この作品は、さて何種類の貝が使用されているのだろうか。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 動物集合... | トップ | ミュージアム巡り 動物集合... »
最近の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。