塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り すみだ北斎美術館 冨嶽三十六景 凱風快晴

2016-12-28 05:44:36 | ミュージアム巡り_2016
 2016年11月22日、墨田区亀沢にオープンした「すみだ北斎美術
館」へ。会館記念展として常設作品とは別に「北斎の帰還〜幻の絵
巻と名品コレクション」と題した特別展(〜2017年1月15日)が行わ
れていたので鑑賞した。※特別展は撮影不可。

 近未来的な外観のミュージアムは、北斎が見たらびっくりするだろ
うか。鬼才と呼ばれた北斎だけに、墓場の影で喜んで居られるだろう。
 その特別展には、約100年あまりも行方知れずだった幻の絵巻「隅
田川両岸景色図巻」(長さ7mあり、北斎壮年期の傑作で、両国橋から
山谷堀あたりまでの隅田川景色が洋風の陰影法で描かれており、新吉
原の遊行の様子が精緻な筆遣いで表現されている)が海外で発見され
日本に里帰りして展示されていた。

 葛飾北斎(1760〜1849)は、本所割下水(現在の墨田区北斎通り)
付近で生まれ、約90年の生涯をほぼ同じ地で過ごし、数多くの作品
を残している。お墓は台東区元浅草4丁目にある誓教寺にある。

 ミュージアムの隣のスペースには、「冨嶽三十六景 凱風快晴」を
花で模した花壇が展示されていた。
(墨田区亀沢2-7-7)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 番外編 ... | トップ | ミュージアム巡り すみだ北... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。