隠久日記(こもりくにっき)

士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

夕暮れ

2013年04月27日 | Photo




















この記事をはてなブックマークに追加

ねぷた

2013年04月14日 | 徒然

 梅の花を見るために公園へ行く。山の公園は季節の訪れが遅く、丁度、梅が満開だった。
 今、描いている絵にも梅の文様があり、実物を良く知ってこそ、形態の抽出としての文様が理解できると思ってだが、これも文様の本質にとっては半面に過ぎない。

 画像は公園にあった津軽民家の展示物。

この記事をはてなブックマークに追加