隠久日記(こもりくにっき)

士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

健康

2017年02月27日 | 日々

 まとめて数枚、パネルにカンバスを張り、すぐに地塗りをする。第一段階は四層。また、結界枠の木工作業も、数枚分まとめて行った。のこぎりで裁断することが多いのだが、今日は、電動糸鋸で大まかに切り、やすりで正確な寸法を出した。ここは0.5mm以上狂うとカンバスと結界枠の隙間が大きく目立ち見苦しくなってしまう。

 約一年がかりで読んでいたペソアの「不安の書」を読み終える。制作の資料以外に本を読む時間はほとんどとれないので、このようになる。最後のところ、

 本書の、この頁よりも前を読んだ人はきっと、わたしを夢想家だと考えたことだろう。そう考えたとすれば、誤りになろう。夢想家になるにはわたしには金が不足しているのだ。
 深い憂鬱、倦怠に満ちた悲しみは、安楽や落ち着いた贅沢をそなえた環境なしには存在しえない。
ペソア「不安の書・終章」


 生活のなかで極わずかしかない読書の時間には、読み終えた数冊の本を傍らに置いておき、適当な頁をランダムにめくって楽しむ。今朝めくった一冊、

 あなたはもっと自分自身に注意を払わねばなりません。健康というものは、自分勝手に扱ってよい個人の所有物ではありません。それは貸し与えられた財産にすぎない。つまり恩寵ということです。たいていの人間はそれを知らない。
グスタフ・ヤノーホ「カフカとの対話」
『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塗り | トップ | 郵便局から図書館へ »
最近の画像もっと見る

日々」カテゴリの最新記事