流れのままに~

花が好き・海が好き・自然大好き・・・
   

早春の海と富士山

2017年02月23日 | 風景


昨日は猫の日(2にゃん・2にゃん・2にゃん)
今日は富士山の日(2ふ・2じ・3さん)ということで、、、
前回につづき、材木座海岸からの富士山をアップします。

早春の海と富士山














『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の海辺で、、、 | トップ | ウンナンオウバイ(雲南黄梅) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2、2、3~富士山^^ (てんてん)
2017-02-23 20:32:41
こんばんは

2、2、2、ニャンニャンニャンで猫の日
2、2、3は、富士山ですか。

昼過ぎは、4月の陽気のように暖かくなり
サーファーの方も、楽しそうですね。

湘南ならではの、風景に春を感じます。
素晴らしい富士山に、うっとりしています^^)/
Unknown (shion)
2017-02-23 22:44:47
てんてんさん、 こんばんは。
2.2.3~私も知ったばかりですが、静岡県では「富士山の日」条例を定めているそうです。

今日の午前中は雨を伴っての強風でしたから、お出かけは大変でしたね。 どうぞ風邪にお気を付けて下さいね。
又、この撮影は一昨日の春二番が吹き荒れた翌でウィンドサーフィン日和? 皆さん(たぶん学生さん)楽しんでました!

だんだんと春が近づくにつれ、富士山は霞んでしまいますね~。
富士山の雪景色♪ (くーばあちゃん)
2017-02-24 14:00:43
shion さん、こんにちは。
今日の名古屋は朝から陽が射して..まったりして。

真近に富士山が「いいな!いいな!」
サーファーと富士山のコラボが素敵に決まって
いますね。寒い季節なのに大勢の方たちが、材木座海岸はサーファーにとって波がよいのでしょうか・

2.2.2  2.2.3 面白いですね♪
こんにちは (おじしゃん)
2017-02-24 16:01:58
shion さん、こんにちは♪

さすがウィンドサーフィンのメッカ、すごい数ですね。
おじしゃんが訪ねた時は・・・いなかった (笑)
富士山をバックにサーファー、なかな良い構図ではないですか。

それにしても、富士山、いいですねぇ~
このような状態の富士山を見たかったね (笑)
Unknown (shion)
2017-02-24 20:36:04
くーばあちゃんさん こんばんは。
こちらは曇り空の少々寒い一日でした。

材木座海岸は湾になっているため穏やかなマリンスポーツが盛に行われています。
練習に適してるのかも知れませんね~この日も学生の皆さんが大勢来ていましたよ。

ホント、最近は色々と面白いですね♪
Unknown (shion)
2017-02-24 21:11:17
おじしゃんさん こんばんは。
偶々、この日の材木座海岸は賑やかでしたね。
それに浜は打ち上げられたワカメがいっぱい、、、海藻のにおいがプンプンしてました!

材木座海岸の一番左端(逗子マリーナ寄り)からですと、、、
富士山をバックに疾走するウィンドサーフィンを見ることが出来ます。

おじしゃんさんの撮影される富士山の写真を楽しみにしておりますので、ぜひ又お越しください。
稲村ヶ崎 (iina)
2017-02-28 09:59:51
切り通しの所は、稲村ヶ崎でしょうか。

鎌倉は、ウィンドサーフィンが活発ですね。
江の島では、サーフィンする人やサップ(SUP)が多いですょ。
ウォータースポーツは、いまがシーズンですネ。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/801745d34e9187da9c92bf8ace5ca10e

Unknown (shion)
2017-02-28 16:31:31
iinaさん はじめまして!

<切り通しの所は、稲村ケ崎でしょうか。>、、、
はい、稲村ケ崎です。
材木座海岸から江の島の先までサーファーの方が多く来ていますね。
特に稲村ケ崎はサーフィンのメッカとして有名です。

この度はお立ち寄りくださり有難うございます。
先ほどお邪魔して読者登録させていただきました。
拙ブログですが、どうぞよろしくお願いいたしますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
稲村ケ崎 (もののはじめblog)
「ボート遭難碑」 富士山と江の島の絶景 「史蹟 稲村ヶ崎 新田義貞徒渉伝説地」 新田義貞は、干潟時にこの岬の南から鎌倉に攻め入った。     [ 稲村ヶ崎について ]  ......