好きな時間に好きな体勢で・・・DVD鑑賞記録

映画評価のコメントはやめます。★評価だけにします!・・って言ったけど2~3行の役に立たないコメントしますw

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ソナチネ】(1993)

2005年11月30日 | 日本映画
北野武の『あの夏、いちばん静かな海』に続く四本目の監督作品。沖縄を舞台に、二つの組の間で繰り広げられている抗争の助っ人として送られたヤクザ幹部の男の結末を描く。
 組長からの命令により、沖縄にある中松組の抗争の助っ人として舎弟たちと共に沖縄へと出向いた村川。しかし、抗争は収まるどころかますます悪化。事務所を爆破された村川たちは、海岸沿いの空き家へと身を隠すことになる。
 
<コメント>
はぁ...またヤクザか。が最初の感想^ ^;いいんだけどね。。
うーん...なんだろう。コメントが難しい。。
ヤクザのドロドロした感じはなくて、ヤクザの暇つぶしを見たような。。
浜辺で落とし穴掘ったり、相撲したり。クスッと笑えるのが多い北野作品だけど、この映画に限っては大笑いしてしまった。
〝ソナチネ〟は傑作っと言われてるけど..どうでしょう?最近、北野作品の観過ぎで麻痺しちゃってます^ ^;
...これでいいのかコメント=_=;
 
★★★☆☆
 
ソナチネ 1993年/日本
 
監督:北野 武
出演:ビートたけし …村川役
        国舞 亜矢 …幸役 『教祖誕生』
        渡辺 哲 …上地役 『まあだだよ』 『HANA-BI』 『TAKESHIS'』 『監督・ばんざい!
        勝村 政信 …良二役
        寺島 進 …ケン役
        大杉 漣 …片桐役
        矢島 健一 …高橋役 『HANA-BI』 『陰陽師』 『蝉しぐれ』 『亡国のイージス
        南方 英二 …殺し屋 『みんな~やってるか!』 『ビリケン』 『ぼくんち』 『お父さんのバックドロップ

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【スウィングガールズ】(2004)

2005年11月29日 | 日本映画
東北地方のとある片田舎の高校。夏休みのある日、13人の落ちこぼれ女子生徒たちは教室で数学の補習を受けていた。
その時、補習組の一人、鈴木友子が高校野球予選の応援に行ったブラスバンド部の仕出し弁当が遅れて届いたことに気づき、弁当運びを口実に13人はまんまと補習を抜け出すことに成功する。
だが道中、弁当は長い時間炎天下に晒されてしまい、それを口にしたブラスバンドの生徒たちは、次々と腹痛を起こして入院する事態となった。唯一難を逃れた拓雄は、次の試合までに即席のブラスバンドをつくることにするが、集まったのは補習をサボるのが目的の友子たち13人と、ちょっと変わった女子3人だけだった。
そこで拓雄は、17人でも演奏可能なビッグバンドジャズをやろうと思いつくのだが…。
 
<コメント>
いやー面白かった^ ^ 東北弁もよかったし可愛かった。(正確に話せてるかはわからないけど..)
上野樹里は1年前に出演した【ジョゼと虎と魚たち】で見せたイヤ~な女子大生役と違って天真爛漫な可愛い女子高生役。嫌な役より合ってる。まだ早かったね、あの役は^ ^;
笑いどころもたくさんあったし、若者が頑張ってる姿はいい!
実際4ヶ月であそこまで演奏してるのが凄い!
 
★★★★★
 
スウィングガールズ  2004年/日本
 
監督:矢口 史靖 『裸足のピクニック』 『アドレナリン・ドライブ』 『ウォーターボーイズ』
出演:上野 樹里 …鈴木友子(テナーサックス)役 『ジョゼと虎と魚たち』 『笑う大天使』 『亀は意外と速く泳ぐ
        貫地谷 しほり …斉藤良江(トランペット)役 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 『神童』
        本仮屋 ユイカ …関口香織(トロンボーン)役 『風の残響』
        豊島 由佳梨 …田中直美(ドラム)役
        平岡 祐太 …中村拓雄(ピアノ)役 『いま、会いにゆきます』 『NANA』
        竹中 直人 …小澤忠彦(数学教師)役 『シコふんじゃった。』 『恋に唄えば♪』 『ピンポン
        白石 美帆 …伊丹弥生(音楽教師)役 『いかレスラー』
        小日向 文世 …鈴木泰三(友子の父)役
        渡辺 えり子 …鈴木早苗(友子の母)役 『Shall We ダンス?』 『解夏』 『いぬのえいが
        谷 啓 …森下(音楽の先生)役 『ワンダフルライフ』 『福耳

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【アサシン】(1993)

2005年11月27日 | アメリカ映画
暗殺者として生まれ変わったひとりの女を描き、日本でもヒットしたフランス映画「ニキータ」をハリウッドがリメイク。
麻薬欲しさに仲間と押し入った薬局で撃ち合いになり警官を射殺してしまったマギーは死刑の判決を受ける。
彼女の前に現れたエージェントのボブは、生きて政府の秘密組織に入るか、それとも死かをせまり、マギーは工作員になる道を選ぶ。
二年以上に渡る訓練を終え、最終試験にパスした彼女はクローディアと名を変え指令を待つ新しい生活にはいるのだった……。
 
<コメント>
久しぶりに観た。ラストの切ないシーンがなければ好きな映画。オリジナルの【ニキータ】よりも面白くて○マル
愛してたからマギーを見逃したボブの優しさ....でも後で二人とも政府から消されるんだろうなぁ...って思う私は考えすぎかしら?
マギー役のブリジット・フォンダは年々ふっくらしてきて今では、この頃のイメージが全く無い。
まだ40代前半なのに..あの太りようはいただけないなぁ。
 
★★★☆☆
 
アサシン  1993年/アメリカ
原題:POINT OF NO RETURN
 
監督:ジョン・バダム (John Badham) 『サタデー・ナイト・フィーバー』 『張り込み』 『ニック・オブ・タイム』
出演:ブリジット・フォンダ (Bridget Fonda)…マギー(ニーナ)役 『ルームメイト』 『ジャッキー・ブラウン
        ガブリエル・バーン (Gabriel Byrne)…ボブ役 『ユージュアル・サスペクツ』 『デッドマン』 『仮面の男』
        ダーモット・マローニー (Dermot Mulroney)…JP役 『キルトに綴る愛』 『アバウト・シュミット』
        アン・バンクロフト (Anne Bancroft)…アマンダ役 『奇跡の人』 『卒業』
        ハーヴェイ・カイテル (Harvey Keitel)…掃除屋役 『タクシードライバー』 『テルマ&ルイーズ』 『ピアノ・レッスン』 『パルプ・フィクション』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【その男、凶暴につき】(1989)

2005年11月23日 | 日本映画
ビートたけしが北野武名義で初監督を果した記念的作品。
当初、ビートたけし主演、深作欣二監督で進められていた企画だったが、スケジュールが折り合わずたけしがメガフォンをとることになった。
暴力的な異端刑事の我妻が麻薬組織の真相を探る為、組織や殺し屋たちと繰り広げる闘いを描く。
北野はこの初監督作品ですでに、この後描かれる作品の持つ虚無的な暴力描写を確立。
北野作品の軌跡を追う上でも重要な作品。
 
<コメント>
1989年の作品だから当たり前だけど、出演者が皆若い!
ビートたけしは事故前だし若かったからだろうけど、歩いたり走ったりのシーンが多くてビックリ。
映画自体は〝HANA-BI〟っぽいけど、切なさがない。
ただのストレス解消と怒り任せで起きた事件。って感じ。
途中、何故か殴られたり撃たれたりしてるのに「プッ!」っと何度が噴出した^ ^;
何だったんだろう?違和感ある映画だったなぁ。。
 
★★☆☆☆
 
その男、凶暴につき  1989年/日本
 
監督:北野 武
出演:ビートたけし …我妻諒介役
        白竜 …清弘役 『HANA-BI』 『がんばっていきまっしょい』 『KT』
        川上 麻衣子 …灯役 『それから』 『でべそ』
        佐野 史郎 …吉成新署長役 『写楽』 『化粧師 KEWAISHI』 『妖怪大戦争』
        芦川 誠 …菊池刑事役 『Kids Return キッズ・リターン』 『HANA-BI』 『座頭市』 『TAKESHIS'
        平泉 成 …岩城刑事役 『Kids Return キッズ・リターン』 『模倣犯』 『恋の門』 『誰も知らない』 『亡国のイージス
        音無 美紀子 …岩城の妻役 『息子』
        岸辺 一徳 …仁藤役

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【御法度】(1999)

2005年11月20日 | 日本映画
巨匠・大島渚監督が、幕末に生きた新撰組の世界を独自の解釈で綴った異色時代劇。
幕末の京都を舞台に、ひとりの妖艶な美少年隊士をめぐって引き起こる愛憎劇を描く。
同性愛をモチーフに、耽美的な色彩で捉えた映像が秀逸。
坂本龍一の音楽も、不思議な魅力を奏でている。
幕末の京都。時代の流れに逆行し、幕府の非常警察として抗争に明け暮れる新撰組に、惣三郎という新人が入隊する。妖しい魅力を放つ美少年・惣三郎に対し、次第に心を惑わす血気盛んな剣士たち。やがて隊内は、嫉妬や羨望を交えた不穏な空気に包まれるが・・・。
 
<コメント>
松田龍平の演技が全然ダメだけど、何かそそられた。美少年ってわけでもないのに目が離せない妖しい美しさを持った俳優さんだった。
セリフは棒読みだったけど、立ってるだけで絵になる人だなぁ~って..ストーリーより気になってしまった。
お蔭でストーリーは、ただのホモ映画にしかみえなかった^ ^;
あと残念と言うか、毎度のことだけどビートたけしの声は聞きづらい!字幕がほしいくらい。。
それに崔 洋一やビートたけし等の30代前半の役には無理がありすぎる。私の中での新撰組のイメージが崩れちゃうよぉ-_-;
 
★★★☆☆
 
御法度  1999年/日本
 
監督:大島 渚 『戦場のメリークリスマス』
出演:ビートたけし …土方歳三 役
        松田 龍平 …加納惣三郎 役 『青い春』 『昭和歌謡大全集』 『ナイン・ソウルズ』 『恋の門』 『THE 焼肉 MOVIE プルコギ
        武田 真治 …沖田総司 役 『七人のおたく cult senen』
        浅野 忠信 …田代彪蔵 役
        崔 洋一 …近藤勇 役 『13階段』
        坂上 二郎 …井上源三郎 役 『福耳
        トミーズ雅 …山崎 蒸 役 『サイドカーに犬
        的場 孝司 …菅野 平兵衛 役 『戦国自衛隊1549
        伊武 雅刀 …伊藤甲子太郎 役 『爆裂野球団!』 『わたしのグランパ』 『機関車先生』 『戦国自衛隊1549』 『亀は意外と速く泳ぐ』
        田口 トモロヲ …湯沢藤次郎 役
        神田 うの …錦木太夫 役 『ナースのお仕事 ザ・ムービー』
        桂 ざこば …輪違屋 役 
        吉行 和子 …おまつ 役 『菊次郎の夏』 『地下鉄(メトロ)に乗って』 『監督・ばんざい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ロビン・フッド】(1991)

2005年11月19日 | その他&合作映画
K・コスナーの「ロビン・フッド」と競作となった古典的アクション。

ノルマン人支配に苦しむイギリスで、サクソン人の貴族ロバート・ホードは反抗の罪で裁かれる事になる。
実力者サー・マイルズ・フォルカネの要求は公衆の面前での鞭打ち刑だったが、それを不服とするホードは領地も称号も捨て、シャーウッドの森に隠れた。
そこでノルマン人の圧政に苦しむ人々と出会い、彼らを率いてロビン・フッドと名乗り、マイルズに反旗を翻した。
義賊ロビンの名は国中に広まり、マイルズとの結婚を拒んだマリアン姫もロビンの仲間に加わってしまう。しかし、王様の怒りに触れた一味に処刑命令が下り、マリアンもマイルズに連れ戻され……。

<コメント>
ディズニーのロビン・フッドは観たことあったけど実写は始めて。
同年にアメリカで製作されているK・コスナー主演のロビン・フッドは賞を貰っているのに比べ(ラジー賞も含む^ ^;)こちらは何の賞にもありつけてないので全然期待してなかったら、期待どうりだった。
何ともパッとしない、つまんな映画。。アクションもいまいちだったし-_-;
ユマ・サーマンは綺麗だったかな。でもデカイ!^ ^;
 
★★☆☆☆
 
ロビン・フッド  1991年/イギリス
原題:ROBIN HOOD
 
監督:ジョン・アーヴィン (John Irvin) 『戦争の犬たち』 『ハンバーガー・ヒル』
出演:パトリック・バーギン (Patrick Bergin)…ロビン・フッド(ロバート・ホード)役 『愛がこわれるとき』 『氷の接吻』
        ユマ・サーマン (Uma Thurman)…マリアン(マーティン・プライド)役 『パルプ・フィクション』 『キル・ビル(Vol.2も出演)』
        ジェローン・クラッペ (Jeroen Krabbe)…レジナルド・ダゲール男爵役 『逃亡者』 『エバー・アフター』
        ユルゲン・プロホノフ (Jurgen Prochnow)…マイルズ・フォルカネ卿役 『イングリッシュ・ペイシェント』 『エアーフォース・ワン』
        オーウェン・ティール (Owen Teale)…ウィル役
        デヴィッド・モリセイ (David Morrissey)…ジョン・リトル役 『コレリ大尉のマンドリン』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【家族ゲーム】(1983)

2005年11月16日 | 日本映画
息子の高校受験のためにと雇った風変わりな家庭教師がやって来たことで一家に巻き起こる騒動を描いた傑作ホーム・コメディ。
「の・ようなもの」の森田芳光監督が、現代家庭の抱える問題をシュールなタッチでユーモラスに描く。
横一列に並んでの食事シーンなど斬新な表現手法が話題を呼んだ。
出来のいい兄とは反対に、問題児の中学3年の弟・沼田茂之。
高校受験を控えて、家庭教師としてやって来たのは三流大学の7年生でなぜか植物図鑑を持ち歩く吉本勝という奇妙な男だった……。
 
<コメント>
中学生の時に観た時は「何だこれ?」って感じだったけど、大人になって久々観たらなかなか面白かった。
かなりシュールだけどラストはドリフ見てるみたいで笑えたし。松田優作 最高!!!
かみ合ってない家族と悩みを相談する隣人。それに吉本の恋人^ ^; 阿木燿子があんな役してたなんて...チラッとしか出てこない清水健太郎は痩せてたし^ ^;
実際にこんな家庭教師がいたら....と思うと怖いけど希望校に入れるならいいねぇ。
20年以上前の作品だけど今でも十分イケる映画。松田優作のおかげかな。。

宮川一朗太、可愛かったなぁ今じゃ競馬の司会だもんね^ ^;
 
★★★★
 
家族ゲーム  1983年/日本
 
監督:森田 芳光 『メイン・テーマ』 『失楽園』 『模倣犯』 『間宮兄弟
出演:松田 優作 …吉本勝 役 『蘇える金狼』 『野獣死すべし』 『探偵物語』 『ブラック・レイン』
        伊丹十三 …沼田孝助 役 『細雪』
        由紀 さおり …沼田千賀子 役 『模倣犯』 『オペレッタ狸御殿』
        宮川 一朗太 …沼田茂之 役 『ゴジラ&メカゴジラ』
        辻田 順一 …沼田慎一 役
        戸川 純 …近所の奥さん 役 『メイン・テーマ』 『釣りバカ日誌(1~6, スペシャル)』
        清水 健太郎 …若い先生 役
        阿木 燿子 …吉本の恋人 役 『デビルマン』

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【北京飯店】(1999)

2005年11月15日 | 韓国映画
経営難に陥った中華料理店を立て直すヒューマン・ドラマ。
 
中華料理店〝北京飯店〟のハン社長の元に長年の友人の息子ハングクがやって来る。
ハン社長は化学調味料などを使用せず、正統チャジャンミョン(ジャージャー麺)に拘っていたのだが....
ある日、厨房長が化学調味料を使用していたことを知り、ショックのあまり倒れてしまう。
厨房長が去り皆ちりじりなってしまった北京飯店を立て直すべくハングクが皆を呼び寄せるのだが.....。

<コメント>
ストーリーはどこかで聞いたことのあるような話でパッとしないが、若者が頑張ってる姿を見るのはいいものだ。
小さな笑いが所々にあって飽きずにサラッと観れる映画。
でも何か綺麗に終わりすぎて盛り上がりにかけるかなぁ...

★★☆☆☆

北京飯店  1999年/韓国
原題:북경반점

監督:キム・ウィソン (김의석) 『結婚物語』 『清風明月』
出演:キム・ソックン (김석훈)…ヤン・ハングク役 『燃ゆる月』 『チューブ』
        ミョン・セビン (명세빈)…ハン・ミレ ハン社長の娘役 『男の香り』
        シン・グ (신구)…ハン社長役 『八月のクリスマス』 『反則王』 『ロストメモリーズ』 『爆裂野球団!
        チョン・ジュン (정준)…テクチュン役 『アタック・ザ・ガス・ステーション』 『リベラ・メ』 『チューブ』
        ミョン・ゲナム (명계남)…厨房長役 『反則王』 『花嫁はギャングスター』 『GO』
        キム・ジュンギ (김중기)…チャンウォン 出前係役 『恋歌恋風』 『ひとまず走れ』 『スカーレットレター』
        チョン・ウンイン (전웅인)…ラーメン 麺打ち名手役 『静かな家族』 『反則王
        ユ・ヨンス (유연수)…まな板 刃物の達人役 『銀杏ベッド』 『ハッピー・エンド
        キム・ギョンボム (김경범)…化学者役 『ライターをつけろ』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【バイオハザード】(2001)

2005年11月14日 | その他&合作映画
人気ゲームソフト『バイオハザード』をミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化したSFアクション・スリラー。
研究中の兵器ウィルスが蔓延しゾンビ化した人間が跋扈する巨大研究所内を舞台に、壮絶なサバイバル戦を描く。
ミニのワンピースに身を包みアクロバティックなアクションを披露するミラがとにかくセクシー&キュート。

近未来。巨大企業アンブレラ・コーポレーションでは“ハイブ”と呼ばれる地下の巨大研究施設で秘密裏にバイオ兵器の研究を進めていた。しかし、研究中のウィルスが何者かによって施設内に散布されてしまう。
ハイブを管理しているコンピュータは施設外への伝染を防ぐためハイブを完全閉鎖し外部との接触を遮断してしまう。
内部調査のためハイブに送り込まれた特殊部隊は、ハイブの出入り口付近で倒れていたアリスを発見するが、彼女は記憶を失っていた。アリスを知る一同は彼女を帯同しハイブへ侵入するのだったが、そこには予想を超える光景が広がっていた……。
 
<コメント>
アニメでも何でも実写化するのは難しい。オリジナルには負けてしまう。
でもこの映画はなかなか良い出来だったと思う。ちょっと時間が短いのが残念だったけど、またゲームがやりたくなった。
内容もゲームのほんの一部+α だったから続くんだぁ。って思ったのが、ちょっとね。。あれで終わるのもイヤだけど、続きます。って終わり方好きじゃないんだよね^ ^;
 
この映画は4年前に映画館に観にいった作品なんだけど....座った場所が悪くてイライラしながら観たのを今でも憶えてる。
前に座ってたオッサンがキョロキョロ、キョロキョロしてて目障りだったんだよねぇ。結構我慢してたんだけど「今度、動いたら(イス)蹴飛ばす!」って心の中で密かに思ってたら、そのオッサン動かないんでやんの....何で動かないかなぁ^ ^;
 
★★★★
 
バイオハザード  2001年/ドイツ・イギリス・アメリカ
原題:RESIDENT EVIL
 
監督:ポール・W・S・アンダーソン (Paul W.S. Anderson) 『ソルジャー』 『エイリアンVS.プレデター』
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ (Milla Jovovich)…アリス役 『フィフス・エレメント』 『バイオハザードⅡ アポカリプス』
        ミシェル・ロドリゲス (Michelle Rodriguez)…レイン役 『ガール・ファイト』 『ワイルド・スピード』 『S.W.A.T.』
        エリック・メビウス (Eric Mabius)…マット役 『クルーエル・インテンションズ』 『バイオハザードⅡ アポカリプス』
        ジェームズ・ピュアフォイ (James Purefoy)…スペンス役 『ROCK YOU ! [ロック・ユー!]』
        マーティン・クルーズ (Martin Crewes)…カプラン役
        コリン・サーモン (Colin Salmon)…ワン役 『エイリアンVS.プレデター』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【お父さんのバックドロップ】(2004)

2005年11月13日 | 日本映画
故・中島らもの名作短編小説を映画化したハートウォーミングな父子ドラマ。
 
悪役レスラーとして弱小プロレス団体を引っ張る父親と、そんな父の姿がどうしても好きになれない息子が衝突を繰り返しながらも、やがて本当の絆を結ぶまでをユーモアを織り交ぜ感動的に綴る。
 
“新世界プロレス”の中年レスラー、下田牛之助を父に持つ小学生の一雄。
大好きな母が他界したときも、試合のため立ち会えなかった父をいまでも許せず、プロレスを恨んでいた。牛之助が傾きかけた団体を救うため悪役に転向したことで、父と子の溝はますます深まっていく。
一雄は父がプロレスラーであることをクラスメイトにもかたくなに秘密にしていた。そんな息子からなんとか信頼を得ようと腐心する牛之助だが、なかなか思いようには行かない。
そこで牛之助は父の本当の姿を分かってもらうため、無謀とも思える戦いを決意するのだった。
 
<コメント>
ストーリーよりも、ちょっとした台詞にプッと笑わされた。南方 英二さん(チャンバラトリオ)の間がいい!最高^ ^
かなりベタだったけどいい映画。下田牛之助って上田馬之助のパクリ?(笑)決め技がバックドロップってのも80年代らしくて良かった^ ^
神木くんはいつ見てもカワイイいい男に成長してほしいネ!映画【ぼくんち】にも出てた田中優貴くんは演技が上手になってたし!あの独特の喋り好きになった。ガンバレ~
 
★★★☆☆
 
 
監督:李 闘士男
原作:中島 らも 『寝ずの番』
出演:宇梶 剛士 …下田牛之助 役 『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』
        神木 隆之介 …下田一雄 役 『インストール』 『妖怪大戦争』
        南方 英二(チャンバラトリオ) …下田松之助 役 『ソナチネ』 『ビリケン』 『ぼくんち
        南 果歩 …金本英恵 役 『感染』 『妖怪大戦争』
        田中 優貴 …金本哲夫 役 『ぼくんち
        生瀬 勝久 …菅原進 役 『トリック 劇場版』 『下妻物語』 『戦国自衛隊1546
        奥貫 薫 …下田早苗 役
        AKIRA …斉藤政夫 役 『いかレスラー』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加