山恋風来坊

生業は植木屋。趣味は山歩き、無農薬有機栽培。この頃は古道を探求し、その道、峠、山を古人に思いをはせながら歩いている。

道・・・発掘

2017-03-20 19:48:57 | Weblog
   長野県歴史館に展示会を見に行ってきた。

   「長野県の遺跡発掘2017」



   おなじみの火焔型土器、これはひんご遺跡(栄村)から出土したもの。

   縄文時代にはすでに北信州の栄村にも人々が暮らし、こん素敵な土器を使っていた

   この時代は稲作などなく、狩猟、採集で生きていたと考えられるが、豆は作られ始めていたらしい。



   この古墳は茅野市永明寺山古墳。七世紀初頭以降の古墳時代後期で

   副葬品に象嵌装大刀、勾玉、玉類、馬具などが見つかりこれらのことから

   諏訪郡山鹿郷に基盤のあった近衛兵騎馬武人、

   あるいは平安時代の山鹿牧・塩原牧につながる牧に関わった一族の墓だと言う。

   馬は当時の重要な交通交易の手段でそのためには道の整備が必要だったのだ。

   科野でもいろんな道がネットワークを持ちはじめていたようだ。

   古人がどんな思いで道を歩いたのか想像するだけでも楽しい。

   

   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴトニキ山 | トップ | 道・・黒曜石 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL