今日の動き

2017-06-20 04:13:56 | 日記

                 4調査【特別委員会】を設置!

 新潟市議会『6月定例会』は、週明けの昨日より【本会議】を再開した。

 昨日の「本会議」では、議員提案第38号「大都市行財政制度調査特別委員の定数の変更について」を上程し、現行の12人を「13人」の1人増とした後、「大都市行財政制度調査特別委員会委員の補充選任」をはじめ「農業活性化調査特別委員会の補充選任」と「観光交流促進調査特別委員会委員の補充選任」を議題とし【承認】した。

 次いで、新たに設置する「少子化調査特別委員会設置について」の議案第39号を上程し、【承認】した。

 このことにより、この先2年間も4つの「特別委員会」体制で運営されることに成る。 

 『あらた』は、今まで通り「大都市行財政制度調査特別委員会」に留まった。

 その後、休憩を挟んで【調査特別委員会】を開会し、「特別委員会」の正副委員長を選出し、「本会議」で【承認】された。

 

                  激論を期待し 【一般質問】始まる!

 「本定例会」における「一般質問」を希望する議員は、【26人】です。

 議員定数「51人」に対して「26人」です。

 と言うことは、半数以上の議員が登壇することに成ります。

 従えまして、質問内容が類似しているものも何件か見受けられます。

 その内の4人が、昨日登壇しました。

 「特別委員会の設置について」の関連もあって【一般質問】は、Pm14:00過ぎに始まりました。

 昨日の先陣を切った「会派に属しない」議員は、長い議員生活にあって初めて「トップの幸運」を引き当てたと感謝の弁を述べた後、新潟市民病院での「研修医の過労死及び労働基準監督署の是正勧告等について」取上げまして、市長と病院事業管理者の考えを問うた。

 次いで登壇した共産党市議団の女性議員は、国会の場で内閣と自民党議員団との軋轢で取り下げられた「受動喫煙防止対策の強化」を訴えた。

 【耳障りの悪い議員」も中にはおられたと思います。

 3番手に登壇した市民保守クラブの女性議員は、「少子化、高齢化を見据えた将来展望について」、所管部長と2人で延々と持ち時間が足りないほどた尋ねておられました。

 そして、昨日の最後に登壇した公明党の若手議員は、「ひとり親家庭等の支援と貧困の連鎖対策について」、担当部長に質問されていました。

 登壇された議員は、それぞれ真剣勝負と考えて質問されていることもあって、持ち時間の1時間を消化されています。

 そんなこともあって、昨日の「本会議」が終わりまして時計を見もしたらPm18:00近くに成っていました。

 

                   きょうの【動き】は

 今日の新潟市議会『6月定例会』は、Am10:00から【本会議】を再開し、「一般質問」を続行します。

 今日の登壇予定者は8人です。

 8人の登壇予定者が、持ち時間を消化すると8時間であります。

 午前中に2人、午後から6人の時間配分だと考えられます。

 午後の6人は、きつい6時間に成ると思います。

 あいだに休憩を挟みますので、早くてPm19:00頃と思われます。

 8人の登壇予定者の中には、類似した内容の質問もあるかのように見受けられます。

 中には、昨日の「質問」で執行部答弁が終えたものもあるようです?

 しかし、登壇者には「質問に対して、真剣に丁寧に答弁したい!」との答弁者の気持ちは、『あらた』にはもよく理解できます。

 時間短縮を図る意味からも、「その質問内容は、前に〇〇議員に答えた通りです」と、省略できないものでしょうか?

 これは、なかなか困難な問題だと思います。

 と言うのも、議会開催中は『あらた』が新潟市・中央区にいることから朋友の家族と今夜【食事会】を企画してありました。

 訳を説明し、開始時間を遅らしてもらいました。

 

 今日も一日、一生懸命、頑張ります。   あらた 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の動き | トップ | 今日の動き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。