建築パース|土木パース|イトウレンダリングのブログ

宮城県仙台で建築パース|土木パースを描きながら、日常のちょっとした事など書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偲ぶ会

2009年08月30日 | 出来事
パースの師匠である、遠藤隆夫氏が急逝されてから一年。

29日に行われた「遠藤隆夫さんを偲ぶ会」に出席してきました。

月日の流れるのは早いもので一年があっという間に過ぎ去っていきます。

一緒に仕事をさせてもらったのが昨日のように思えてなりません。

会場で位牌の前で献花をして一年ぶりの再会ができました。

40人からの友人たちでいろんな話を聞かせてもらい

あらためて、師の存在が大きかった事を実感しました。

久しぶりに再会した方や同じ事務所出のパース屋さんも何人かいて

話をさせてもらい有意義な時間を過ごさせてもらいあっという間に2時間が過ぎていきました。

まだまだ師のあしもとにも及びませんが、少しでも追い付いて行けるように

これからも絶えず努力していかなければなりません。

その後、数人のパース屋さんと場所を変えて「偲ぶ会」をと思って行った所に

先ほどの「偲ぶ会」の世話人の方々が同じ場に・・・

これも遠藤隆夫氏のちからでしょうか、それともたんなる偶然 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチパース

2009年08月03日 | 建築パース
森の中、緑の中の雰囲気を表現してほしい。全体的に何か建物があるくらいでいいので、
全体のイメージを大事にあまり書き込まないで表現してほしい。

全体鳥瞰、アプローチ、内部空間の3カット。

渡された資料と設計者の考え方を聞き、中2日の時間での提出。

あくまでも自分の憶測ではありますが、設計者の意図する考えをいくらかでも理解できスムーズに作業を進ませる事ができました。
久しぶりに手で建物を簡単に起こして見ました・・・忘れているかなと思っていましたが忘れていないもんですね。
周りも簡単に書き込みあっという間に下図3枚完成。
3枚をスキャンしてmacに取込み簡単に色を入れてメール送信。

下図はgood!の返事で安心して続きの作業に取りかかりました。

下図からちょっと手こずった所がありましたが、なんとか無事メール納品完了できました。

前回は味のあるパース今回の要求が雰囲気の表現。
だんだんと求められるものが、目に見えない感性の部分が重要視されてきてるのでしょうか。
ただパースを描いてると言うだけではなく、設計者の望んでいる表現、感覚を求められているような気がします。
その表現の中に自分のオリジナリティーが入り込んでいればもっといいのでしょう。
CGソフトは目まぐるしく変化していってますがそれを扱うパース屋が感性の部分を深く切り下げて成長して要求に答えていかないと、
ただ仕事をこなしているだけで終わってしまいそうです。
やるからにはもう一つ上のパース屋を目指していきたいものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加