建築パース|土木パース|イトウレンダリングのブログ

宮城県仙台で建築パース|土木パースを描きながら、日常のちょっとした事など書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スケッチ 大和町_石神山精神社

2009年10月29日 | 水彩スケッチ
私の住む富谷のとなり町 大和町。
シンボルの七つ森や船形山があります。
七つ森の一つ遂倉山の麓にある「石神山精(いわがみやまずみ)神社」。
その神社にふらっと寄ってみると、拝殿の後方に皆を圧倒するような
杉の大木が目に入ってきました。
拝殿の後ろにその大木と本殿が鎮座してます。
本殿の左側にはこれまた巨大な岩もありました。

さっそくスケッチの場所を探すして描きはじめる。
それにしても杉の大木は、感激します。

神社の名前にもなってるように、岩を信仰にする
古くからある自然崇拝なのでしょうか。
大木の杉は、坂上田村麿の御手植えと伝えられています。

木々がうっそうとして、ちょっと薄暗かったが、
なぜか心落ち着ける所で、鳥のさえずりと落ち葉が
風で飛ばされる乾いた音しか聞こえません
時が過ぎるのを忘れて描いてると・・・
メールの着信音がポケットから聞こえてきます。

「時間になるよ、遅れるよーー」

ああ~~2時半から近所の方の御葬式でした。
慌てて写真撮って、撤収してきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スケッチの巨大岩の部分写真では分からず、
とりあえず表現せず終わりに。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチ 鳴子峡ー紅葉

2009年10月08日 | 水彩スケッチ
紅葉 一番乗り!

下絵のまま3年も閉じてあったのがありました。
台風通過に負けないいきおいで、着彩。終了です。
黄色の紅葉がうまく表現できてませんね。現実は全体的にもっと、黄色系が多いです。


鳴子の紅葉は今月末から11月上旬頃が見頃でしょか。
今年もきれいに色ずいてくれるでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我家の庭にも紅葉する木でイロハモミジ、オオモミジがありますが
その中のオオモミジが、イラガの大量発生で葉がだいぶ食べられていました。
一匹一匹割り箸でつまんで取り除きましたが、1/4の葉がなくなってました。
オオモミジはきれいに紅葉したことはありませんが、今年こそはと・・・。
期待してましたが葉がないのでは話になりませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチ 富谷町_日吉神社

2009年10月05日 | 水彩スケッチ
国道4号線から私の住んでいる団地の入り口付近からちょっとのぼった所に鎮座してます。

富谷町の名前の由来が、古くこの地に十の神社があったことから
「十宮(とみや)」と呼んでいたそうですが、いつのころからか
縁起のよい「富谷」と改めて書くようになったのだそうです。
その十社のうち現在は、この日吉神社だけが残っているそうです。

神社の社殿は長年の風雪に耐えてきた、時代をかんじるものです。
社殿の右側に鮮やかな朱色の境内社が祀られていました。
狛犬も時代をかんじさせるものでした。
境内社、狛犬もちょっと分かりにくいですね・・・。

富谷にきて17年まだまだ知らない事があります。
この日吉神社も2度目でした。

昼過ぎに行ったのですが、まだ蚊が多く早めに撤収してきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記
なぜ十の神社ができたか。
それは「美しい長者の娘に求婚した大蛇の化身が、10の破片になって死んだため
たたりを恐れて10の宮をたてて祭った」という伝説があるそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチ ヤマボウシの実

2009年09月11日 | 水彩スケッチ
庭のヤマボウシの木に今年もたくさんの実がなってます。
一週間前は、まだ苦みが残ってましたが今は苦みはありません。
程よい甘みがあり独特の食感です。

毎年ちょっとだけ食べて後は鳥たちの餌に、
あるいは、そのまま地面に落ちて踏まれたり
悲しい実の姿になってました。

まあ、あまり好んで食べないので、
今年は果実酒でも作ってみましょうか。

そのうち、果実酒作ったらアップしますー・・・。
なくなる前にーーー。

スケッチは実のなってる所を切って、部屋で描きました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチ ガーベラ

2007年12月12日 | 水彩スケッチ
鉢植えのガーベラ。私の好きな花の1つです。
去年買った物が、株分けして2鉢に・・・そうやってだんだん増えていくんですね。
花の色が気に入って買ったのですが、スケッチし着色すると、色がなかなか難しいです。
赤でも、赤紫に近いでしょうか。

キク科の花なので、花ビラが多く花ビラ一枚一枚を、「好き、嫌い、好き、嫌い、・・・・・」
と言いながら描き(笑)適当に、最後が好きで終わるように(爆)

花言葉を調べてみたら、『神秘』らしい。
色によっても違っていて、
  ・赤の花言葉・・・・・・チャレンジ
  ・ピンクの花言葉・・・・崇高美・童心にかえる
  ・白の花言葉・・・・・・律儀な
  ・黄の花言葉・・・・・・究極美・親しみやすい
  ・オレンジの花言葉・・・神秘・冒険心・我慢強さ
いろんな色集めたくなってきます。


そんなガーベラですが、セラピーとしても活躍してるらしいです。
それもカラフルな色が豊富なことと太陽のような花の形にあるからなのでしょうか。

まず、低血圧の症状に効くといわれており、疲れやすい、
寝起きが悪い等の症状の方に効き目があるそうです。
特に「赤」が、血の流れをよくして、体を温めてくれる作用があるカラーなので、
低血圧の方にはおすすめなのではないでしょうか。
とネットで調べたら書いてました。・・・・・

・・・・・何を隠そう私は、高血圧で薬を毎日飲んでます。
じゃあ逆効果じゃないですか~~。

明日からこの赤いガーベラ私の仕事場から撤収しないといけないでしょうかね・・・。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スケッチ マンリョウ(万両)

2007年12月08日 | 水彩スケッチ


鉢植えのマンリョウ、久しぶりにスケッチしました。
久しぶりだったので筆がすすまない、何度もなぞって色が濁ってくる・・・。

縁起物のようです。
マンリョウ(万両)から始まってセンリョウ(千両)カラタチバナ(百両)
ヤブコウジ(十両)、アリドウシ(一両)まであるみたいです。
家にあるのは、マンリョウだけですが・・・

正月の生け花にセンリョウ、マンリョウ、アリドウシを飾って
『千両、万両、あり通し(いつもある)』と言う事らしいです。・・・なるほどね。

庭に地植えする場合もモッコクの根元にセンリョウとマンリョウを合わせて植栽して
『千両、万両持ち込む』と読ませて縁起を担いだそうです。

正月に向けセンリョウとアリドウシを花屋で見つけて飾るかな~~。
『千両、万両、いつもあるど~~』ってね。

ところで一両とは今の金額ではどのくらいかな・・・・・。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

緑と彫刻の散歩道-6

2006年05月07日 | 水彩スケッチ
原種チューリップのバッケリー.ライラックワンダー
ただいま満開です。
今年で5年目ですが毎年咲いてくれます。
手をかけなくても咲いてくれるのは、不精な私にぴったりです。
クレマチス.モンタナも咲き始めました。


こんにちは、今日は朝から静かに雨が降っています。
ゴールデンウィークも今日で終りですが、みなさん楽しみましたか。

私は昨日も今日も仕事してます。が...全然はかどりません。
すこしやると、他の事が気になり集中できません。
休み明けで、直しの提出があるのに、まだ何も手を付けていません。
後で焦るのがめに見えてます...。


彫刻紹介シリーズNo.6
鈴木雅明さん作  <セロひきのゴーシュ>

宮沢賢治の有名な童話「セロひきのゴーシュ」。
その一場面を彫刻にあらわした作品ですね。
自然や動物との交流のなかでゴーシュが音楽とは何かを学び、
思いやりの心を教えられ、成長する姿を書いた作品です。

そのゴーシュを鈴木さんなりの表現で創られています。
楽しい作品です。前に書いた
夜の森も鈴木さんの作品です。動物の表現が得意なのかもしれません。




朝日があたって木々の影がのびて彫刻に降り注いでいました。
本当にセロが聞こえてきそうになった素敵な彫刻でした。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

Wonderful ☆ Day

2006年05月01日 | 水彩スケッチ
4月から毎日絵を描く事にはまって、無事1ヶ月が過ぎました。
たんに思いつき、パクリではじまって、やってはみたものの仕事が忙しいとついつい後回しにはなりましたが、
通過点を無事クリアーしました。これからも1日1日積み重ねていきます。よろしく~~。
それがこのWonderful ☆ Dayです。ブックマークにもリンクしてます。またまたよろしく~~です。

みなさんこんばんは、ゴールデンウィーク楽しんでいますか。
昨日、いつもの場所(南川ダム)で、花見をしてきました。快晴とまでいきませんでしたが、まずまずの天気で1日半袖で過ごしました。






人もそんなにいっぱいでもなく、ゆったりと時の流れる感じのおはなみでした。
帰りは、やっはりフラフラ状態でしたが。まあしょうがないですね。



おかずもいっぱいで幸せな時間でした。その幸せの時間も長続きはしませんでした...。


家に帰ってきて、鍵がない、窓も閉まってる雨も降っている最悪の状態に...。
この後はみなさんのご想像に...。(家には、2、30分してはいれました)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

緑と彫刻の散歩道-5

2006年04月22日 | 水彩スケッチ
庭の桜も5分咲き程度になりました。
天気がよくちょっと風が強いですが、気持ちがいい土曜日です。
こんにちは。shinyaです。





彫刻紹介シリーズNo.5
三木俊治さん作  <行列>

三木さんは彫刻に何ができるかを自問して旅にでて、
メキシコでインディオの老婆にものつくりの原点を教えられ、
インドで、大群衆の圧倒的なエネルギーに魅せられシリーズ「行列」が生まれたそうです。

「行列」は一人一人に思いを込めて作られた人物像が、
一人では生きて行けない、人間だけでは生きて行けない、
世の中を「行列」という形で表現したのでしょうか。

見る側の気持ち一人一人が違うように、人物像も一体一体は小さいですが
円の中からいろんなエネルギーが感じられます。
何体あるかは、数えてはいませんでした。こんど数えます。
直径2メートル弱位の大きさで素晴らしい彫刻です。




ただ残念に思ったのが、彫刻の後ろに樹木があり、せっかくの人物像が、
樹木の葉とだぶって、見えにくくなっています。後ろが壁のような所か、
もっと何もない所でないと人物像が眼に飛込んできません。そこがちょっと残念でなりません。






人気blogランキング←参加してます。クリック☆よろしくお願いします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

タイトル変更

2006年04月19日 | 水彩スケッチ
どうでもいい事なんですが、ブログのタイトル変えました。
名前のとこだけですが。...こんばんは、shinyaです。

今日は、ちょっと暇だったので、午後打合わせ1件してから、ホームページのGALLREYに新作をUPしました。
あまり載せれるのがないのですが去年から全然更新していなかったので、
とりあえずはと言う事でしました。成長が見られませんね...はい。

それとこのブログのタイトルをイトシンからshinyaに変更。ただそれだけですが。

この通称「イトシン」有名な方が2人います。この2人にあやかってと思って付けたのですが、
感覚的にちょっと違ったみたいで自分じゃないみたいでした。
その1人が、伊東信 氏 バイクのジャーナリスト、イラスト入りのバイク整備本など出してます。
私も買って利用しました、分かりやすいイラストです。その本がこれです。




それともう1人は、伊藤真一 氏 プロのロードレーサー。2輪の世界では有名な人ホンダのバイクで随分活躍しました。
あっ今もですね。宮城県角田出身です。

「イトシン」をGoogleで検索したら、ここのブログが2人の間に出てきました。
2人の恩恵を充分受けましたので撤収ならぬ改名をしました。(意味が分からないですね)

2人ともバイク関係ですので、最後の私「イトシン」もバイクで登場です...




16、7年前の写真をもとに...さて私はどれでしょう。



人気blogランキング←参加してます。クリック☆よろしくお願いします。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加