SHINWA STAFF BLOG

シンワ会計社の職員がリレー形式で綴ります。

高地トレーニング

2017-09-19 17:21:34 | 日記
三連休を利用して、長野の蓼科高原に旅行に行ってきました。
といってもこれといった目的があるわけではなく、泊まる場所だけ確保して、後はノープラン、その時の気分次第です。

私はこれからのマラソンシーズンに向けて、朝練と午後練とみっちり走り込み、まるで学生時代の合宿のごとく走り続けました。
現地は標高1500mの高原で酸素濃度は地表のおよそ85%。普通に生活する分には全く気になりませんが、長い距離を走るとやはり息が切れます(その理由が高地ゆえか単純な運動不足なのかは定かではありませんが・・・)。

フラット(平坦)なコースなら走りやすいのですが、高原ということで強烈なアップダウン。
日ごろ出るマラソン大会はアップダウンの無いほとんどフラットなコースなので、久しぶりに足にきました。

山道ではないですが、気分はトレイルランニングです。下りは気持ちよく走れるものの、登りはやはりきついです。
代謝が落ちて体重が増えている分、昔に比べると重りをつけて走っているようなものですね。

ところで、今の時代、技術の発展でGPSを利用したランニングのアプリなどもバラエティに富んでいます。
今回不覚にもGPSウォッチを忘れてしまったため、スマホに以前インストールしたランニングアプリを起動させながら走りました。
ペース、軌跡、高低差、心拍数など全て出ます。


ポケモンGOなども採用していますが、GPS技術の発展は恐るべしですが、これは裏を返せばいつどこで何をしていたのかが丸わかりということ。
ハイリスクハイリターンですね(笑)

最近は運動不足だったので、今回の三連休での走り込みはいいきっかけになりそうです。
今年のマラソン参戦予定は10月29日の水戸マラソンと、12月17日の台北マラソンですが、去年初めて挑戦した初マラソンではいわゆる30キロの壁にぶち当たって途中から歩行に切り替わってしまいました・・・
今年は42.195キロを走り切ること、なおかつ初心者の壁である4時間が切れるよう、さらに鍛えることとします!



税理士法人シンワ会計社 K・I


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村



税理士法人 シンワ会計社



ご相談はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブレイクスルー

2017-09-11 20:45:35 | 日記
表題のブレイクスルー、これはある一つの障壁となっていたものの突破をすることです。

平成29年9月9日、東洋大学の桐生選手によって日本のスポーツ史に残る偉大なブレイクスルーが達成されました。
破れそうで破れなかった10秒の壁、ついに桐生選手が破ってくれました!
陸上競技をやってきたものとして、同じ日本人として誇らしく思います。

これがその時の会場の様子です。

日本人初9秒台 桐生祥秀 9”98

現地にいた人が撮影した動画がYOUTUBEにアップされていました。
興奮が伝わって来ます!

2013年、当時高校三年生の織田記念で10.01(+0.9)の当時日本歴代二位(高校記録、実質的に世界Jr新)を記録して、一躍時の人に!
インターハイを制し、その直後のモスクワ世界陸上にも高校生で出場し、この勢いのまま、10秒の壁を突破するんだろうなぁ、と考えていました。
しかし、10秒0台をコンスタントに出すものの、なかなか10用の壁を破れず、その間に強力なライバルも出現しました。
特に今年に入ってからはJrのサニブラウン選手や、同じ学生の多田選手など強力なライバルが一気に力をつけ、ロンドン世界陸上も個人での出場はかなわず、正直このまま伸び悩んでしまうのか、と失礼ながら思っていました。


そんななか、母校の東洋大学のユニフォームを着て走る最後の100mで、今までの鬱憤をを晴らすような見事な走りで悲願の9秒台!
一人挟んだ隣のレーンには、世界陸上のリレーメンバー多田選手、多数のマスコミ、絶好の追い風(+1.8)にも恵まれ、環境は最高の舞台でしたね。
インタビューを聞くと左足が万全ではなかったというものの、いい意味で開き直れた結果かもしれないです。

遅かれ早かれ誰かが9秒台を出すのは、まず間違いないと思っていましたが、個人的には桐生選手が最初の突破者で本当によかったと思います...
今いるトップアスリートの誰よりも早く注目され続け、誰よりも苦しみ、一番をプレッシャーを感じてきた選手が、やっと報われた瞬間、本当に感動しました。今後多くの選手が9秒台で走るでしょうけれども、一番最初には一人しかなれませんから。スポーツの神様は粋な計らいですね。


従来の日本記録は1998年、バンコクで開催されたアジア大会で伊東浩司さんが出した、10.00。詳しい人はご存知と思いますが実はこの時、速報タイムは一度9.99で止まったんです。当時中学生でしたが、陸上部で走っていたので大興奮したのを鮮明に覚えています。
その後、正式タイムで10.00に訂正され、その記録がおとといまで19年間破られずにいたんですよね。
ちなみに同大会の400mリレーで日本代表は金メダルをとりますが、その時のメンバーには桐生選手のコーチの土江さんも入っていました。

たらればの話になってしまいますが、この時の日本記録が9.99であれば、朝原さんや末續さん、それ桐生選手や多田選手ももっと早く9秒台を出せていたのではないか、と思います。0.01のタイムはトップアスリートの最高速であれば、距離にしてわずか10センチ弱。ですが、歴代のトップアスリートもこの10センチを縮めることができずに記録更新まで19年かかりました。それほど大きな心理的プレッシャーがあったのかと思うと、走るだけ、跳ぶだけ、投げるだけという人間の基本的な身体能力を極める陸上競技の奥深さを感じます。


桐生選手にとって9秒台は、あくまでも通過点で目標は世界のファイナリスト(決勝進出)とのことです。
東京五輪までに何人の9秒台スプリンターがいるか、そして何人決勝に残れるか、さらには、僕はどうやったらその観戦チケットを入手できるか、今からワクワクがとまりません!

桐生選手、感動をありがとう!
今後のさらなる活躍を期待しています!



税理士法人シンワ会計社 K・I


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村



税理士法人 シンワ会計社



ご相談はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然の訪問

2017-09-04 16:48:51 | 日記
 ある土曜日の夕刻に家の玄関前に人影が立ちました。
 チャイムが鳴りドアを開けるとニッカボッカ(工事関係者のスソが膨らみ足首の締まったズボン)を穿いた中年の男性が立っています。
 人の良さそうな笑顔を浮かべて、「わたしこのあたりで工事をしている者ですが、お宅の屋根を見るとだいぶ傷んでいますネ。」「チョット外から見てもらえますか。」と私を招きました。
 その笑顔につられて私もつい外に出て道路に立つと、男は屋根の頂上付近を指さして「ほら、あそこら辺が傷んでいますヨ。」と言います。しかしこの位置から屋根を見上げても、視力も悪いので何とも判断がつきかねます。日を改めて、屋根に上がってその傷んでいる部分の詳細を説明してもらうこととして、その日は引き取ってもらいました。
 夜になってから奥さんにその話をすると、「ああ!それ、最近このあたりを回っている訪問販売よ。」、「裏のお宅にも来たみたいよ。」と言います。そしてさっそく裏のお宅に伺い情報収集をしてきました。
どうも来たのは同じ業者のようで、多額の見積もりを出されて納得がいかず断ったようです。しかし屋根自体は傷んでいたとのことで、別の業者に依頼して工事をおこない相応の費用も掛かったとのことでした。
ここまで聞いて自分自身に無性に腹が立ってきました。オレオレ詐欺だとか、訪問販売とかには絶対に引っかからない、という自信があったのですが、私は見事に引っかかり掛けていたのです。頭の中に「うちの家も建ってから15年経っているので、そろそろ傷んできても不思議はない。」という気持ちがあったせいでしょうか。
そんな話は鼻からあしらって当然なのに、半分とはいえ、こうも見事に話に乗ってしまうなんて。

口のうまい訪問販売やリフォーム業者に、判断能力が弱くなったお年寄りが被害を受けている事実が良く理解できました。やはり少しでも疑問を感じたら周囲に相談することが大切です。
翌週の土曜日、その男は再び来訪しましたが、他の業者に相談すると言いますとおとなしく帰っていきました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村



税理士法人 シンワ会計社



ご相談はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

租税教育

2017-08-30 17:43:19 | 日記
税理士が税理士業務を行うことができる法律が税理士法です。
平成26年の税理士法の改正に伴って、各税理士会の会則(規則)税理士が行う租税教育は、正式な事業として位置づけられることになりました。
簡単にいうと、学校(小学校~大学、専門学校まで)に行き、税金の講義をしてください、ということです。

私も税理士会支部の業務として、過去に何度か担当をさせてもらいました。
ちなみに自分が学生の時の記憶を呼び起こすと、当時は税理士による租税教室というものは受けていません。義務教育、中学3年の社会科の授業(公民)で納税の義務を習った記憶がうっすらある程度です。

私は父親が税理士であるため、おそらく同級生よりは税金について触れる機会は多かったと思うのですが、それでもほとんど記憶がないのですから、他の同級生はほとんど覚えていないと思います。

そんな印象に残りにくい、しかも一般的にはネガティブなイメージの強い税金について、いかに興味を持って聞いてもらえるか、生徒さん、学生さんを眠らせないように話ができるかどうか。
税金の計算よりもはるかに難しいミッションです(笑)

さて、その租税教室ですが、実はモデル教材があって、そのうちの一つに国税庁監修のアニメ動画があります。ちなみにこのアニメ動画は公開もされているもので『アナザーワールド』というものです。
たいていの場合には、この動画を組み込んで講義を行うのですが、この動画が私自身なかなか納得のいかないもので・・・。


ざっくり言うと

 ①主人公が給与明細をもらう。
 ②天引きの所得税に関して不平を言いながら赤ちょうちんのお店で酔っぱらう。
 ③謎の男(笑うせぇ○すまんのような風貌):『税金がない世界を望むのか?』
 ④主人公:『税金なんて消えちまぇ~!』と言って椅子から転げ落ちる。
 ⑤朝起きると税金の無い世界に変わっている。
 ⑥学校に行かない(行けない)若者、昼間からアルバイトをしている中学生、穴だらけの道路、清掃が全くされていない街並みを目の当たりにする。
 ⑦たばこの不始末で家が火事になるが、消防車が有料であるため消防車を呼べず自宅が全焼してしまう。

といったストーリーです。


私は正直、これを義務教育の中学生相手に講義を行うことは少し抵抗があります。
というのもこの動画って
『税金を払っていないとこんな怖いことになる。』
というちょっと脅迫めいた内容なんじゃないかな、と。

結局こういった内容だと
『こうなりなくないから税金を払う』
って考えられかねず、これでは税金のネガティブなイメージが全く払しょくされない気がします。

でも本来税金はそういったものではなく、全ての国民が豊かに生活するための財源なんですよね。
そのために、一人一人、一社一社が少しずづ負担し合って、国民が国民を支える、そうあるべきものなんじゃないかと感じます。


昨年参加した全国の税理士が集まるシンポジウムで租税教育について論文を書いている税理士会がありました。発表者の税理士(九州の先生だった気がします。)自身も租税教育に頻繁に行くそうなのですが、絶対にこの教材は使わないと仰っていました。
その発表や、論文そのものもとても共感できるところが多く、大変参考になるものです。

動画の内容にはついては、そんな個人的雑感を持っていますが、租税教育の実施そのものは大いに賛成です。先般の民法改正によって選挙権が18才に引き下げられ、誕生日によっては高校生も投票ができます。
税金の役割(公共的な財源)を知ることで、それが正しく使われているかどうか注目する気持ちを持つ、そうすることで、若いうちからしっかりと選挙に行き、自分の頭で考え、投票することにつながるのではないのかな、と。

租税教室の講義の締めに、『正しい税金の使い道をされるよう、しっかりと考えて投票に行きましょう。』と結ぶ税理士も多いようです。
私も最後にはそのような内容を伝えるようにしています。

税金のネガティブなイメージを払しょくすることは簡単にはできませんが、租税教室を通じていつの日かそれが少しずづ実現されればと願っています。


税理士法人シンワ会計社 K・I


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村



税理士法人 シンワ会計社



ご相談はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームアドバンテージ

2017-08-25 16:37:35 | 日記
8月22日~8月24日の三日間、横浜の街が歓喜に震えた夜・・・
何のことかって??

昨日までのDeNA対広島の三連戦、DeNAの歴史的三試合連続サヨナラ勝ちの件です
どうやら前々身球団の大洋ホエールズが1960年に達成して以来57年ぶりだそうで…。

昨日の試合はテレビで見ていましたが、9回表に抑えの山崎投手が広島のクリーンナップを三者連続三振に斬ったところで、前二戦の流れもあり、どう考えてもハマスタの雰囲気が勝てる雰囲気になっていました。
サヨナラヒットの倉本選手の打球は、球界を代表するセカンドの菊池選手でも取れないような、通常ありえないスピンで転がったようです。

そんな(相手にとって)魔境のようなハマスタの雰囲気を作ったのは、タイトル通りホームアドバンテージ、地元の応援なのかな、と感じます。


競技は違いますが、先々週までロンドンで開催していた陸上の世界選手権も、地元イギリス選手が大活躍でしたね。
特に、男子400mリレーはイギリスがアメリカに僅差で先着し、見事に地元優勝!
侍リレーチームの銅メダルや、U・ボルト選手の途中棄権など、良くも悪くも見所が満載過ぎて、ゴールの瞬間はイギリスとアメリカどちらが先着したが見逃してしまいましたが、これも地元の超満員の大声援が取らせてくれたものでしょうか。

陸上は基本的には個人種目であり、唯一といっていいチーム競技がリレーと駅伝。
中でも4人でトラックを周回する400mリレーと一人一周ずつ走るマイルリレー、五輪や世界陸上では必ずこのどちらかが最終競技であり、一番盛り上がる種目です。
そんな種目で劇的優勝を果たしたイギリスチームの様子は、ウィニングランもスタンドの超満員の観客と一体となって、みていてとても羨ましいものです。


色々と言われてはいますが、東京五輪もいよいよ三年後です。
賛否はありますが、僕はなんだかんだ言っても、地元で開催されるオリンピックが今から楽しみで仕方がありません。
各競技・各種目とも強化が行なわれており、地元の大声援を背に受けた日本選手の活躍が今から楽しみですね。

野球もハマスタ開催であり、また陸上もその頃にはきっと複数の9秒台スプリンターがいることと思います。100mの決勝に複数の日本人が進むと当時に、リレーで金メダル。
期待は高まるばかりです!


最近さぼり気味でしたが、いつ招集されてもいいように明日から少し運動頑張ります(笑)

税理士法人シンワ会計社 K・I


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村



税理士法人 シンワ会計社



ご相談はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加