鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

心のキャパシティー

2017-05-15 10:30:25 | 鬱、メンタル
自分が鬱でギブアップした時は、経済的理由もそうですが、仕事の量で、お手上げという感じでした。
それと、心に余裕が無いから、痴呆の母にキツく当たったりなど、気持ちの面でも一杯一杯でした。

溢れているコップにまだこれでもか!と言わんばかりの仕事量。痴呆の母は、「実際来てな人」を留守中に来たとか、実際存在しない用件を書き置きしたりとか・・。


徘徊もあったし、父に、来させないように願うも、受け入れず、苦しんだものだ。


これに経済的なものも含み、生きて行く価値を感じなくなり、H19年にギブアップした。


経済的なものは、もう少し早く手を打てばこの時点で悩むことはなかったかもしれませんが、いずれ、躓いてはいたでしょう。


仕事量でした。

毎晩午前1時まで仕事、休日も休めないこともあり、簡単に言えば、ノイローゼですね。


精神的に追いやられ、キャパが小さくなってるというより、精一杯の容量で、それが溢れるという感じだったでしょう。



今度、その満タンを整理しても、すでに、鬱は重くなっているから、簡単なことも出来なくなっている。

それがずっと続いているが、今は、おかげさまで、満タン感は無いが、でもすぐに満タンになる。



だが、一番辛かった時を考えれば、相当マシにはなっている。

もし、また、忙しくなれば、同じことになるかもしれません。



ストレスは溜まるものです。で、それを放出するのは、健康体ならすぐでしょうが、何年もかかります。

また、年齢的な衰えも考慮しなければなりません。



誰でも無理が必要な時はあるでしょうが、無理しすぎると確実に悪い影響が出ます。



まあ、そんなことを考える今日この頃だ。


昨晩は早く寝れ、10時間睡眠。


熟睡感は少しはあるが、朝はとても強い憂鬱感があった。理由はわからない。


これもまだまだ付き合わないいけませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬負けしてる? | トップ | 夢見の特徴 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL