鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

鬱は続いるが軽くはなっている・・・はず・・。

2016-11-20 09:51:55 | 鬱、メンタル
9年前の5月、協会研修の後、寝ないで釣りに行き、仮眠を取りながら、帰るも、その後、全くの無気力に陥り、数日、改善がなく、
心療内科に通い始めた。


最初の病院は、1日掛かりになり、2年半通うも、1日潰れるのが耐えられず、近所の心療内科転院。

薬が少なすぎるということで、少し増えたが、気持ち的な落ち着きが出てきて、だましだまし仕事もできるようになったが、半年で、先生が変わり、ここからだ。


薬が多い時は10種類近く、1日に飲む量は、30錠なんてことも。


ドロンドロになり、倦怠感は増す、寝れるようにはなるものの、今までにない悪夢を見る、金縛りもほとんど出なかったものが、毎日のように出る。


4週に1回の通院が、毎週に変わり、自立支援を受けていないから、お金も大変。


それでも、ここで、我慢して、ここでは3年半通う。


セロクエルの服用で半年で20kg近く増え、それで、相談しても、副作用の方が、薬切るよりリスクが少ないと言われ、先生を信用できなくなった。

薬局も、薬同士が喧嘩するんで、医師に確認をする。


そんなやりとりが怖くなった。

そして、今から3年前に、今の病院に変えた。


薬は、どんどん減り、そのせいか、むくみや時々見る幻覚もなくなった。


だが、ようなり、薬も1日に4錠ととんぷくだけになったが、父親の死、友人の家賃不義理などの問題をかかえたら、再燃し、そこからがなかなか上向かない。



通い始めた時は、経営も今以上に深刻だった。

リーマンショックで法人向けの案件は減り、そこで、最初の、経営相談に行く。


当時は実績もなく、銀行の貸し渋りもあったが、商工会議所では、事務所の移転と、借入を勧めた。


これで、赤字体質は改善されるも、自分の給与の減らし、母を解雇し、母の役員報酬がなくなる。
事務所経費は、前事務所の約40%減り。

これで、体質は変わった。


債務整理もやった。身軽にはなるものの、更なる売上の減少で、思いきった赤字は出ないものの、父の時代からショートしているお金が、致命的になることもあり、3度ほど、廃業の相談に行く。


累積赤字はたくさんあるものnお、金融機関からの借り入れで苦しんでいるほどではない。


経営相談に行って聞かれるのは、街金の取り立てがあるかとか、家賃を溜めているかとかだ。


それらはないから、そうなると、大概は今の状況では破産を持った廃業はムリ、まだ借入出来るくらいの債務だからと、つなぐことを勧めるが、無料相談では、そんなところがよいところ。


破産して首吊る人だってたくさんいる。

そこの部分を知りたいんだよね。


会計士は、いつも励ますものの、正直バカいされているなとしか思えない。


今回は話を切り替えず、最後まで聞いてくれたが、やはり、夜逃げしかないなとか、そういう答えしか出てこない。
そう、それが現実なんだよね。だから、それは馬鹿にしてるではなく、そういうステージにいると言う危機感をもっと持つべきと感じている。


同時に、やはり、この会計士には相談は難しいんだなと判断。

大学時代の親友なんだけどね。



昨年は9万円赤字、今年は、とっても頑張ったけど、50万くらいの赤字が出そうだ。まあ、ここにきて、仕事が入ってきたから、たぶん、最終的には、昨年と同じくらいまで圧縮できるだろが。


友人の欠陥マンションのことや、7月からの多忙、こんあことで、また、参り始めてる。



しかし、些細なことの解決で、気持ちが楽になったことも多くある。


週3回以上来る友人が来無くなった。

毎日顔を出す業者が来無くなった。

電話会社のセールス電話を元から断った。

冷やかしで来る土地捜しがこなくなった。

そして、4年前、6年続けた協会役員を辞めれた。



これらのことで、ソワソワは無くなっている。

3年前の再燃はあるものお、苦しい時代だったときよりは、確かに良くなっている。


経営も、実は、年だけみれば、深刻ではないが、先が見えないのと、回らない時が出てくる。こんなことで悩みが消えない。



鬱を解決するには、今の仕事は見直ししなきゃだめ。

見直しをするということは廃業も含む。


続けても地獄、辞めれば、もっと地獄。なんせ、夜逃げが対処方法なんだから(爆



会計士に、信用のおける司法書士がいるが、一度相談したいと話すが、同じ。


倒産に奇麗な方法はないと。いや、そんなこと求めてるんじゃないんだよね。


リスクを減らす方法や、事業譲渡ができるかそれで、どこまで債務と相殺できるかとか。


家族や、地元での生活の影響だとか、どれぐらい地獄を見るのか。


「あからさま」に聞きたい。夜逃げはその次だ。


会計士の話に失望しているが、司法書士に行くか、それとも、全く利害のあいところで聞くか。



仲間は親身になっていろいろ考えてくれる。

お金を貸すよと言ってくれた友人もな明かいるが、それは断った。

理解者がいるので、その人たちに甘え、相談部所まで連れてってもらうか。



今日明日に潰れるわけではないし、スポットが一つはいれば逆転もあるが、そんな夢は捨てて、現実に向きあわあんければ。


先週同様、今週も、店がほとんど開けれない。

だが、まずは、それらを片付けないと、先に進めないから、今はそれを千年する。

それができるようになっただけ、鬱は軽くなっているはずだが・・。


逃げずに大切に毎日を消化したい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しいだけ | トップ | 忙しい »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL