鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

気持ちの改善をするには

2017-07-15 10:06:23 | 鬱、メンタル
ただ、憂鬱だ!と繰り返しても、当然に回復などしないものだ。

原因を特定しそれを改善しなければ難しいのは百も承知。

原因は特定できてもそれを改善する策が見つからないために、先に進めない。


酷く、憂鬱状態が続いていたころは、薬である程度までは回復したものと思うが、これにも限界がある。


通院も10年になり、さすがに、気持ちに疲れを感じるものだ。



憂鬱になる原因は、人それぞれ。借金だったり、人間関係だったり、あるいは、一時話題になった、就職活動による鬱状態とか。


殆どの場合、一つにとどまらず、いろんな事が重なって、鬱になると思うが、主たる原因は必ずあるもので、それをまずは退治する必要がある。


それが解決できない場合は、その準備や土台となるものを作るとか、何か目標を立てるとかが大切。


憂鬱だ!と叫んで、それで気分が改善されるならば、いくらでも叫べばよい。

実際は叫んだところで何も始まらないから、治せるものは治すなどの、環境改善をすべきと思う。



このように並べても、それすらも出来ないのが現状で、一種の壁のようになっている。


それでも、何かできることで、良い。ひとつでも変えることを自分でやらなければ、ダメです。



目をそらすために、何かに没頭したり、趣味嗜好を変えたり、傍から見れば、まだまだかもしれないけど、自分なりにはやっているつもりだが、ここで感じるのは主たる原因の改善。私の場合はやはり、仕事ということで、また壁を感じるものだ。





今朝は、ひどかった時のような、酷い憂鬱感が襲い、不謹慎な表現だが、死んでしまいたいくらい、酷く辛さを感じた。

勿論、そんなこ度胸もないし、そんあことはできないが、憂鬱感が酷いと、こういう気持ちになるのも鬱病の特徴だ。



こういう時は、気持ち悪くなったり、目まいや頭痛も伴う。


どうにか出社できたが、今日の憂鬱の原因はたいしたことない。


朝一番で、鉄道会社と管理地の境界付近の工事につき説明を受けるだけだった。


それは終わり、大したことは私はすることはないのだが、その大したことないことが、更なる憂鬱感を加重し、自分で呆れている状態だ(汗


うつについては、時間掛かることは気にはしていなかったが、10年もやっていると、情けなくなるもので、でも、今の気持ちは、たとえ、ここんところが再燃であっても、薬で治せるものの限界にきているものだ。



生き方が下手なだけに、自分が好きになれない。これはやむを得ない感情にしても、なんでこうあるんだい?と自分に失笑するような感じだ。


視点を変えることをしているつもりだが、気持ちの重さがある以上
それはごまかしに過ぎないのでしょうね。



今日のように辛い時は、無事一日を終わらすことのみを考えれば良い。


酷かった時は、寝逃げもした。それでよい。
だが、それをただ繰り返しているだけなら進歩はない。たとえひとつでも良い、気持ちに改善ができるようなことをしてゆきたいものだ。


それにしても、今日は酷く憂鬱だ。無事終わることのみを考えよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり再燃だね | トップ | 朝の辛さは変わらない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL