鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

クレーム処理

2016-10-29 10:36:15 | 鬱、メンタル
欠陥マンション購入者にお詫びを包んで渡してきた。

また、追加で言ってくるならば、むしろ大ごとにするつもりだ。


完全なリフォーム(リノベーション)で渡した物件が、風呂のリモコン未接続、インターホン不良、コンセント不良数ヵ所、ベランダ側ダクトの未修理、風呂の脱衣場にある、換気口をクロスで隠す、電話線不良、システムキッチンの建て付うた。

け不良あどが発生し、買主に多大迷惑をかけた。


売主と売主依頼のリフォーム屋が、この件につき、真剣に対応してくれず、困っているのだが、とりあえずは、故障個所の全部補修は行い、生活できる状態にはなった。


売主は友人だが、少々、道徳や常識にかけているところがあり、事の重要さをあまり理解していない。


リフォーム屋の言い分は酷いものだ。


リモコンはアクセサリーと説明、換気口につう名井をいては、何がいけないの?

システムキッチンは知らない。


こういうことを、買主に言い、更に、3年前にやったことだから、できないとか、アクセサリーと言うリモコンについては、お湯が出るんだから、良いだろうに?とか、ありえないことばかり言って、買主を怒らせた。


風呂のリモコンは新品が付いていて、取扱説明書もあり、それを指摘すると、しぶしぶ、電気屋を連れて来て、それで、やったことは、本来、天井裏を通して、接続するものを、私は大工でないあkらできないと、ここでもあり得ないことを言い、強引に、室内を裸配線で行うという、ここでも手抜きをやり、これで、大きくもめた。



リフォーム屋は私が売る際、最終確認しなかったから、費用は全額私が持つべきだと、売主に主張。
売主は、それを支持するので、私が反論。


当たり前のことで、使えないだから、使えるよういするのは当たり前、最終確認しなかった私は責任はあるが、では、気づいたらちゃんとやるんかい?ということだ。更に、リフォーム屋は私が、買主のいいなりになっていると主張しているらしいので、ここで私がリフォーム屋と話すが、あまりにも逃げ腰なおで、「紛争センター」い相談するわと話すと態度を一変。費用はリフォーム屋が支払うと言う。


立替で私が払ったが、本当に払うかどうかは疑問だ。


まあ、どうであれ、欠陥を売ったから、我々責任はみんなあるとは思うが、あまりにも、売主とリフォーム屋のモラルの無さに落胆している。



経営的なものでも行き詰まりを感じ、このようなことが生じる。

今は、かなり疲れ切っている。


昨日、別の友人に、死亡案件の手伝いをさせたが、その友人が、悪いことが重なる私に、とても気遣った。



若いころからの友人なので、私が以前からBAD LUCKをあまりにも引くので、しばし、おとなしくするようにいわれた。



スキがあるから、何かが起きるんだろうし、今回の場合、通電して、確認しなかった自分が問題だが、だが、ダメリフォーム屋をやめて、買主側でつけたリフォーム屋さんは、通電しても気づかないでしょう。

それよりも手を明らかに抜いているリフォーム業者が問題だよとなだめてはくれたが。



この先、悪いことが続くような気がするし、回りもそう警戒している。


今日は病院。

こんなこと話しても、そのことを医者がどうすることもできない。


薬での治療もMAXとも言う。


確かにそうだ。仕事や生活の悩みがクリアーできれば、おそらく、脱出できるだろう。



根本を変えたい。それがいまの気持ちだね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬の飲み違いやっている | トップ | ノイローゼ気味 »

コメントを投稿

鬱、メンタル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL