死ぬまで走る会

マラソンランナー諸君「死ぬまで走る会」というクラブ名を一緒に広げませんか?マラソンでの交流の場としてお話ししましょう

2017-03-06 22:21:22 | Weblog
昨日のレースで24Km地点豆ができたと思っていたが実は豆が潰れてたことが分かった。
レース後、着替える時靴底が血まみれになっていないか確認したところ大丈夫だった。
靴下も大丈夫と思っていた。
足裏は見るのが怖かったので見れなかった。
想像ではすごい血豆なんだろうなと思っていたのである。
自宅に帰り夜、風呂に入ろうと確認すると血豆は全くなし。
しかし血豆が潰れた跡が両足にあり。
・・・やはり24Km地点のあの感覚は血豆が潰れた瞬間だったのである。
どおりで着地をするたびにジンジンするわけである。
では血は何処へ?
多分血豆になる前の水ぶくれ状態で破れたのだろう。
同じ篠山マラソンで9年前サブスリーをした時、今回と同じ24Km地点で左の血豆が潰れた。
あのときは本当の血豆で指の間から血が吹き出て足の甲のシューズが真っ赤になった。
あの時の痛かったが痛さよりも何が何でもサブスリーをするんだとと思い走ることができた。
今は更々そんな思いは無いけどね。
それにしてもよく走れたものである。

その代償として今日は悲惨な目にあっている。
豆が潰れた跡が痛くまともに歩くことができず・・・・。
人前では普通に歩いているが本当は痛い。
腕、背中の筋肉痛、足を動かそうと無理やり腕を振っていたから・・。
足の筋肉痛はもちろん、尿も黄色い。
体にかなりのダメージが残ってしまった。
豆が潰れたことでフォームが崩れ体のバランスが失われていろいろなところが傷んだのだと思う。
まっ4,5日で治るだろう。

それにしても筋肉痛は普段より慣れているので気にはならないが豆が潰れた跡は痛くて仕方が無い。
レースの時同様、一歩一歩歩くのに痛みが生じるのである。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 惨敗 | トップ | ダメだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL