shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)

こちらは、shinuma de cinema の映画のネタバレができるお部屋です。
大好きな映画を語りましょう~♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●エターナル・サンシャイン/忘れたくない・・

2005-04-02 | ●映画の感想


エターナル・サンシャイン

『真の幸福は罪なき者に宿。
忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、
無垢な祈りは神に受け入れられる。』
(アレクサンダー・ボーブ)
とても美しい響き、映画の題名はこの詩から
とられているそうです。
ジョエル(ジム・キャリー)は恋人
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)
と喧嘩をする。バレンタインの日にあやまろうと
プレゼント持ち彼女の勤める本屋に向かうが
無視されてしまう、その上クレメンタインが
怪しげな『記憶除去手術』を受け自分の恋の記憶を
すべて消してしまったことを知るのだった。
クレメンタインにとってもうジョエルは見知らぬ
他人となってしまったーー。
最初はストーリーが前後してーー
戸惑いますが、クレメンタインの髪を頼りに
時間の経過を考えていけばついていけます
(髪の色をじーーーーと見て下さい。)
メメントのように時間が逆回転していきます。
映画はジョエルの頭の中での葛藤と、『記憶除去手術』
の医者(?)たちの現実で構成されています。
前半は頭の中の不思議な混乱がメインなので、
あれ~~~~と映画が進んでいきますが
後半はじっくり見せて貰えました。
深い映画ですね。脚本も絶品です。ジム・キャリー
はいつもと違った、内気な押えた演技を見せてくれます
めずらしいので新鮮。ケイト・ウィンスレットは
ネバーランドの落ち着いたお母さんの印象が残っていたので
まあカメレオンのようだなーーと思いました。
助演にノミネートされたのもその落差でしょうかーー。
キルステン・ダンスト は、スパイダーマンの時に不細工
と騒がれていましたが、今回はかわいかったです。
イライジャ・ウッド は、オイ!と突っ込みを入れたい役ですが
役者ですからまあーーーハハハハ(^^;)
イライジャ私は髪の長い方が似合うと思います。
童顔にヒゲはやめましょう。
色々と映画を見たあとに考えらせる映画です。ただの
脳天気ハッピーではないところも捻りがあって面白い(^^)

監督は、「ヒューマンネイチュア」ミシェル・ゴンドリー
脚本は、「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」
のチャーリー・カウフマン、この映画でアカデミー賞(脚本賞)
を受賞しています。
主演は、「マジェスティック」「ブルース・オールマイティ」
のジム・キャリー
「タイタニック」「ネバーランド」のケイト・ウィンスレット
「スパイダーマン」キルステン・ダンスト
「ロード・オブ・ザ・リング」イライジャ・ウッド 
「イン・ザ・カット」マーク・ラファロ 他です。


●ここからネタバレです

現在(ブルー)→(オレンジ)→(レッド)→(グリーン)出会い
と変わっていきます。
『記憶削除後』の現実がまず現れ、またジョエルとクレメンタイン
は出会い恋に落ちます。

クレメンタインのエキセントリックな性格、ジョエルの
内気な性格、2人はぜんぜん違うから引かれあったと思うんですが
やっぱりその性格によって喧嘩をします。
この映画の中で記憶を消すことは何も解決にならないことを
いってます、2人は記憶を消しても引かれあいます、
記憶を消しても愛している思いだけは残って
心に穴が空いて、やっぱり同じ相手に引かれるのです。
色々な考え方があると思いますが、私はバレンタインの日に
記憶をクレメンタインが消す事がなければ仲直りはその場は
できたと思いました。2人の心は冷えきってはいません。

ジョエルが記憶を消すまいとじたばたすることで
記憶を消すってことがよくない。きっと他の患者さんにも
同じこと(少なからず記憶を消すのに抵抗した)
があったんじゃないかと想像しました。
だから、受付嬢(キルスティン・ダンスト)はみんなにテープを
送ったんだってーー。途中の子供の時に逃げるところとかは
大爆笑ーー本当に面白い。その中にもほろ苦さがあっていいね~。

この映画には遊び心が沢山あると思います。『記憶削除』の
シーンも滑稽で無責任、スタッフ(イライジャ・ウッド)
のパンティ泥棒はちょっと待ってよって感じだし(笑)

ラストは、お互いの悪口を聞く事で、腹もたつけど
お互いの欠点が少しはわかったと思いました。
一度は出て行こうとしたクレメンタインだけど
相手を嫌いな想い出がないし、もう一度付き合ってみる
ことをきめたって感じで終わりました。(2人で)
これからどうなるかは、2人の努力しだいだと思います。
前のように自分の感情を押し付けあえば、あっけなく2人は破局し
今度こそお互いに綺麗さっぱり別れることができるでしょし
お互いを尊重しあえばすばらしいカップルが出来上がる
かもしれないです。

こういう終わり方も面白いですね。

ジョエルの頭の中なので、クレメンタインが色々協力したり
海岸の家で、そんな別れはいやかも、さようならだけ言ったことし
しましょうよーーーなんて言葉をかわすところとか好きでした。


人気blogランキング
★映画の感想が気にいって頂けたらクリックして下さいませ~★(^▽^♪

コメント (18)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●ハサミ男/犯人は誰なのか・・ | トップ | ○このサイト(ブログ)の案内 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (ちーず)
2005-04-02 23:11:57
TB&コメントありがとうございました!

こちらもTBさせていただきました。



 この映画では記憶を消してもなお引かれる二人、という設定がかならずしも「めでたしめでたし」という視点で描かれていないのがいいなぁと思いました。

 ジョエルとクレメンタインはやり直す決意をしましたが、医者と受付嬢はダメでしたね。

 私は運命のようなものを信じないので、結局はお互いの気持ち次第、というような結末には好感が持てました。

 ラストはふりだしに戻った二人ですが、螺旋のように同じところのように見えて1段上にいると信じたいですね~。
はじめまして (goo)
2005-04-03 00:07:27
gooと申します。TB&コメントありがとうございます。ラストはよかったですね。ジム・キャリーが逃げ回って子供時代に戻ってしまうのは、確かに笑えました♪

ありがとうございました (rika)
2005-04-03 00:55:56
>ちーず様

TBコメントわざわざありがとうございます

この映画はあの現実っぽい終わり方がよかったです。

2人のこれからの気持ちで、どちらにでも転ぶ

そうですねーー医者と受付嬢はダメでしたね

これは、医者さんすぐに奥さんに電話かけてたしーー

やっぱり気持ちですよねーー。



私も気持ち的には今度はうまく行くことを望みます。



>goo様

TBコメントわざわざありがとうございます

テーブルの下に入ってしまった彼とのクレメンタインの

やりとりが面白かったです~~~。

あと子供に泣かされたしーー大笑いーー。

ジム・キャリーそれにしても押えた演技でしたね。
2度、3度 (godzilla_t)
2005-04-03 08:44:34
TBありがとうございます。

この映画、2度、3度と見てみたくなる映画ですよね。
トラバありがとうございます (カヌ)
2005-04-03 11:01:47
記憶除去という非日常の世界でありながら、恋愛部分は誰にでも当てはまるリアルさに惹きつけられましたね。私もラストは大好きです。
ありがとうございました (rika)
2005-04-04 04:01:04
>godzilla_t様

TB&コメントありがとうございました。

ここでは初めてでしたでしょうかーー(^^)

いらっしゃいませーー嬉しいです。

そうなんですーー1度では

消化不良のところもあるのでーー。

できたら行きたいなーー。



カヌ様

コメントわざわざありがとうございます。

そうなんです。非日常なのにーー

ラストなんて、リアルに作ってありましたよね

いい映画だと思います~~。(^^)
TBどうもでした (Studio Yunfatのしん)
2005-04-04 08:09:36
結局何があろうと二人は付き合うことになるのでは?と僕は思いました。

記憶(過去)ではなく想い(現在)が重要なのかなと
ありがとうございます (rika)
2005-04-04 17:34:36
>Studio Yunfatのしん様

TB&コメントありがとうございます。

そうですね、私も出会いは運命的なものを感じました。

ただ継続する為には性格が違いすぎるので努力が必要

だと思いました、こんな運命的な2人ですから物語りとは言え

お互いに尊重しあい、末永く一緒にいられるといいな~

と思います。(^^)
TBありがとうございます! (映画 *日和)
2005-04-05 01:49:06
こちらもTBさせて頂きました。



記憶除去中の頭の中のジョエルとクレメンタインの逃避行は傑作ですよね!

ふむふむ! (ともや)
2005-04-05 01:56:53
こんばんは、初めまして~!

>現在(ブルー)→(オレンジ)→(レッド)→(グリーン)出会いと変わっていきます。

髪の毛の色で現在と過去を表してるんだろうなぁ…とは思っていたけど、4色変化があったんですね。

やっぱり何回か観ないといけないみたいですね、この作品は。

面白い情報ありがとうございます。

またちょくちょく遊びに来させてくださいませ~!
ありがとうございました。 (rika)
2005-04-06 00:46:00
>とかげ様

わざわざ書き込みありがとうございます。

ネバーランドでは4人~5人の子持ちでしたよねーー

ハハハハハッハ冗談みたいだと思いました。

ハリウッドの役者さんはすばらしいーーー。

きっと二度見ると、もっと面白い映画だと思います。

映画館でもう一度はどうかわかりませんが

DVDでもいいので見たいと思っています。

(^^)



>映画 *日和様

わざわざ書き込みありがとうございます。

逃避行は最高でした。机の下での「だっこしてほしい」

には笑わせて頂きましたーー。



>ともや様

わざわざ書き込みありがとうございます。

髪の色短時間に、よくもこんなに変えた

って感じでした。

少しでお役に立ちましたかーーとても嬉しいです
ありがとうございます (any)
2005-04-06 21:21:38
TBありがとうございました。

ちょっと趣向の変わった純愛映画作品でしたね。

少々分かりづらい展開ではありましたが、ラストに色んな伏線が収束していく様子はとても心地よかったです。

ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレットの二人の演技もとてもよかったです。



こちらもTBさせて頂きます。よろしくお願い致します。

ありがとうございます (rika)
2005-04-06 23:27:27
any様



わざわざコメントありがとうございます。

最初は時間軸が色々変わって

つかみづらかったですよね

純愛そうですよねーー

映像がとっても綺麗で、

美しい映画でしたーーー。
TBありがとうございました&スミマセン (Gachami)
2005-04-09 17:32:58
私、TB2回連続してますね!ご、ごめんなさい...

お手数ですが、1つ、削除していただけますか?

すみません~



イライジャ・ウッド私、全然気が付かなくて、他の方の感想読んで初めて気づいたのです!いいの?こんな役して?と驚きました。イメチェン?それにしても、パンティ泥棒?

ありがとうございました。 (rika)
2005-04-10 23:59:18
Gachami様

TBコメントありがとうございました。

性格派俳優でも目指しているんでしょうか?

個人的には、あまりして欲しくない役でしたけど

不快を感じたってことは役者としては成功だった

と思いました。
またまた・・・・ (ツボヤキ)
2005-04-12 14:53:53
またまた・・・引っ掛かってしまいました。

あれ???ないな~感想が・・・・。

前にも参りましたのに、また再度、どこにもない・・・なんて、お馬鹿でスミマセン。

トボヤキさまへ (rika)
2005-04-13 00:05:29
わざわざTB書き込みありがとうございます。

gooこの頃調子悪いので消えてしまったんでしょうか

あんまり反映遅いし、いやになってしまいますね。

「エターナル・サンシャイン」ジム・キャリーの

真面目な演技が見れたのでよかったです。

イイ役者さんですね。(^^)
Unknown (きよ)
2006-01-07 18:16:27
こんばんわ~

ラブストーリーが苦手な私なんですが、これ好きでした~。映像センスいいですよね~。



髪の色の変化の意味・・・そこまで考えていませんでした。なるほど~って思わされました。

いい情報ありがとうございます。映画って2回はみないと、深いところまで理解できませんよね。やっぱり。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エターナル・サンシャイン (ネタバレ映画館)
 ケイト・ウィンスレットがクレメンタインという役名だと知って、観る前から書こうと決めていました。「雪よ♪岩よ♪われらが宿り~♪」と日本で歌われる「雪山賛歌」だ!と・・・し、しかし、劇中でこのネタを先に言われてしまった・・・でも彼女が言ったのは『珍犬ハック
キャッチコピーは【\"さよなら\"の代わりに、記憶を消 (ともやの映画万歳!)
本日届いた試写状は、ミシェル・ゴンドリー監督のラブ・ストーリー「エターナル・サンシャイン」。 ラブ・ストーリーは苦手なともやだけど、脚本が「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」のチャーリー・カウフマンと来れば、普通のラブ・ストーリーであるわ
エターナル・サンシャイン (ともやの映画万歳!)
(原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★☆☆) 「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「コンフェッション」の脚本を手掛けたチャーリー・カウフマンの最新作。 彼には珍しい恋愛(本当は
エターナル・サンシャイン (三畳間の全世界見聞録)
 先週末は彼女が泊まりに来ていたので、彼女のお気に入りでもある「エターナル・サンシャイン」を一緒に見に行きました。  話は奥手で内向的なジム・キャリーと頻繁に髪の色を変える少々エキセントリックな女性、「タイタニック」のケイト・ウィンスレット。  大まかにい
『エターナル・サンシャイン』 (ラムの大通り)
------今日は楽しみにしていた『エターナル・サンシャイン』だね。 「そう。チャーリー・カウフマンと、 このしっとりラブのビジュアルの組み合わせが意外でね」 -------結果、どうだったの? 「やはり一筋縄ではいかなかったね。 別れた恋人クレメンタインが自分に関する記
エターナル・シャンシャイン (Lovely Cinema)
今日は半年ぶりくらいにAMCに行って来ました。AMCといったら・・・日本一有名なテーマパークのあるところです。春休みの時期だけあって、電車の中も駅周辺も人でごった返していました。 でもやっぱり思っていたとおりにシネコンはが~らがら~!朝早かったからか
「エターナル・サンシャイン」 (MoonDreamWorks)
 監督 : シェル・ゴンドリー 主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      キルスティン・ダンスト / イライジャ・ウッド / 公式HP http://www.eternalsunshine.jp/ 新旧の大作に主演しているアクターが主役&脇を固める豪華なキャステ...
「 エターナル・サンシャイン」二度目の鑑賞 (MoonDreamWorks)
監督 :ミシェル・ゴンドリー主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      /キルスティン・ダンスト/イライジャ・ウッド /公式HP:http://www.eternalsunshine.jp/ 二度目の鑑賞のこの作品は、前回観た時には気がつかなかった点がよくわかってよ...
試写会「エターナル★サンシャイン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「エターナル★サンシャイン」開映18:30@よみうりホール 「エターナル★サンシャイン」2004年 アメリカ 配給=ギャガ・ヒューマックス 脚本=チャーリー・カウフマン、監督=ミシェル・ゴンドリー 出演=ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステ
エターナル・サンシャイン (のんびりぐ~)
作品:エターナル・サンシャイン 監督:ミシェル・ゴンドリー 主演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、イライジャ・ウッド、 公開:2004年 アメリカ 映画館 エターナル・サンシャイン ”さよなら”の代わりに記憶を消した。 恋の痛みを知る、すべての人へ。6
『エターナル・サンシャイン』 (京の昼寝~♪)
 “さよなら”の代わりに記憶を消した  失恋の記憶を消したいと思ったことはありませんか?  恋が終わった後の、あの胸の痛み。  悲しみと孤独を抱えながら傷が癒えるのをじっと待つよりも、  いっそのこと相手と過ごした日々の記憶を全部消してしまえたら…。  でも
もう恋はしたくない「エターナル・サンシャイン」 (試写会帰りに。)
観る前からドキドキしていた。これが映画に恋する事の出来る作品になるような予感がして。 始まる前からこんなにドキドキする事はいつだったか。ビッグ・フィッシュ以来? 観終わって、やはり、私が観たいと思っていた映像が、それ以上の映像を、思っていた以上のせつなさと
映画「エターナル・サンシャイン」感想 (HEART-BOILD)
「エターナル・サンシャイン」 \'04米 (原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND) 監督: ミシェル・ゴンドリー 脚本: チャーリー・カウフマン 音楽: ジョン・ブライオン   出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マー
「エターナル・サンシャイン」 (the borderland)
バレンタイン前に別れてしまったジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)。仲直りをしようとジョエルはバレンタインのプレゼントを持って彼女に会いに行くが、まるで知らない人にあったような態度をされ、しかも新しい彼氏までできていた。実
エターナル・サンシャイン (It\'s a Wonderful Life)
いやあ、とても愛おしい!という表現がぴったりの映画です。 個人的には大満足。冒頭の仕事をブッチしてフラリと海へ出かけるシーン からセンス抜群!って感じで思った通りの自分好みの作品でしたー。 映画を観ていて誰もがこの主人公二人を自分に置き変えて観て...
エターナル・サンシャイン (シネマの実)
【好感度】 93% さよならの代わりに記憶を消した
映画感想:『エターナル・サンシャイン』 (徒然三十路日記♪)
『ヒューマンネイチュア』のチャーリー・カウフマンによるユニークな脚本を映画化。ジョエルは元恋人クレメンタインが、ある医院で特定の記憶だけを消去する施術を受けジョエルの記憶を消したことを知り、自分も彼女の記憶を消そうと同じ施術を受ける。だが、クレメンタイン
エターナル・サンシャイン (映画メモbox)
Eternal Sunshine of the Spotless Mind 2004年 アメリカ 監督 ミシェル・ゴンドリー 脚本 チャーリー・カウフマン 原案 ミシェル・ゴンドリー/チャーリー・カウフマン/ピエール・ビスマス 撮影 エレン・クラス 美術 ダン・リー 編集 ヴァルディス・オスカードゥ
エターナル・サンシャイン (2004) 107分 (極私的映画論+α)
 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願
エターナル・サンシャイン (お気に入りの台詞はあった?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
お気に入りの台詞はあった? 私としては・・・ 「忘却はよりよき前進を生む」 引用だけど 「この記憶ももうすぐ消えるわ。どうする?」 「楽しもう」 とてもお気に入りのショット。めずらしく画像を付けてみた。私のヘボいネット環境では重くなるのであんまやりたくないのだ
別れるを決意するのは、この作品を観てからに… (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「エターナル・サンシャイン」 言い出したら始めたらキリがないのが、付き合ってる人or配偶者の\'悪いところ・いやな想い出\'。人の話は聞かないわ、ジコチュウだわ、金
エターナル・サンシャイン / ジム・キャリー (シネマ パラダイス♪)
「NEW POLICE STORY-香港国際警察-」より、先に見ていたのですが、感想書くの忘れてました。。。( ̄∇ ̄;)ん。。思い出し、思い出し、書いてみます。この映画に関しては、なんの予備知識もなく見ました。広告もあらすじもなにも読まずに。。途中まで、よくわからず、頭がこん
「エターナル・サンシャイン」試写会 (ミチミチ)
>「エターナル・サンシャイン」 脚本 チャリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴) 監督 ミシェル・ゴンドリー(ヒューマンネイチュア) CAST ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット エターナル・サンシャイン試写会行ってきました。 さすがアカデミー賞脚本
「エターナル・サンシャイン」 この女、好かんわ! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
チャーリー・カウフマンとは、気があわんわ!「マルコヴィッチの穴」「ヒューマンネイチュア」「アダプテーション」「コンフェッション」それなりに高評価を受け、毎回、気をそそられてきたけど、ぜ~んぶ私的にもうひとつ。今回の「エターナル・サンシャイン」、アカデミー
エターナルサンシャイン (∞最前線通信)
 3月19日から日本で公開されているアカデミー賞最優秀脚本賞受賞作品。 主人公(ジム・キャリー)は、失恋により「愛する人との記憶」を消すために「記憶を削除する会社」に手術を依頼します。そして消えていく記憶の中。「主人公の記憶」と「記憶を扱う会社」とを混在
「エターナル・サンシャイン」を見ました (映画日記★diary★Blog版)
「エターナルサンシャイン」ジム・キャリーと、ケイト・ウィンスレット。パーティーが嫌いな奥手な男性を、ジム・キャリーが、さりげなく演じています。ケイト・ウィンスレットは、もう、「タイタニック女優」は、完璧に卒業しており、一人のケイト・ウィンスレットとして、
エターナル・サンシャイン (日々徒然ゆ~だけ)
 恋愛なんて,所詮お互い様。この物語,憎い悔しい一心で,相手の記憶を消しちゃうっつぅ力技に出るのだが…  冷静になればこれ程下らないモノはないね。人の生き様って,結局いいこと,悪いことの積み重ねじゃないの?悪いことは無かった事にしましょう,とは随分身勝手
「エターナル・サンシャイン」の感想。 (とかげの、のんびり懸賞。)
映画「エターナル・サンシャイン」の試写会に行ってきました★ まず、思ってたのと違う!! もっと、ラブストーリーテイストなのかと思った。 実際は謎解き系??というか、凝ったつくりでした。 感動して号泣!!とかではなかったです。 映画を受動的に観てしまう
『エターナル・サンシャイン』 (映画*日和)
今回のジム・キャリーは割と地味~な、 ごく普通のどこにでもいるって感じでした。 その分、ケイト・ウィンスレットが髪をいろんな色に染めたりと 『ネバーランド』での4人の子持ちで生活に疲れた母親役とは 一転して、衝動的な女の子をとっても素敵に演じてました。 さすが
エターナル・サンシャイン (まつさんの映画伝道師)
第43回 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ) 「つり橋効果」というものがある。  フラフラと揺れるつり橋の上で出会った男女は、下に落ちそうになるドキドキ感を恋によるドキドキ感と心理的に混同し、結果恋に落ちるというもの。
エターナル・サンシャイン★★★★+珠玉のラブストーリー (kaoritalyたる所以)
ちょっと胸がキュっというより苦しく、切なくなる素敵なラブストーリー・・。自分にもこういう感情があって、きっとこんな風に相手を嫌に思うことがあってもやっぱり好きなんだな・・と身近に感じたラブストーリーでジム・キャリーとケイト・ウィンスレットが好演!特にジ...
『エターナル・サンシャイン』を観て来ました!#62 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
失恋の痛みを知る、すべての人へ ★★★★エターナル・サンシャイン★★★★ 監督・原案:ミシェル・ゴンドリー  製作総指揮・脚本・原案:チャーリー・カウフマン  出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット  キルスティン・ダンスト イライジャ・ウッド 
#15:エターナル・サンシャイン (::あしたはアタシの風が吹く::)
3月24日(木) 有楽町マリオンで『ペア割-Plus』というお得な鑑賞チケットがあったのでこの券でアカデミー賞脚本賞を受賞した”エターナル・サンシャイン”を観に行ってきました。 これは今までに見たことのないような展開でした。 脚本が天才的に素晴らしいと思える作品に
映画『エターナル・サンシャイン』 (EVERSMILE(エバースマイル))
原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind監督:ミシェル・ゴンドリー脚本:チャーリー・カウフマン音楽:ジョン・ブライオン出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド製作年度:2004年製作国:アメ
12月9日(木) 『エターナル・サンシャイン』完成披露試写 (映画の胃袋 Живот киноего)
★★★ 『ヒューマン・ネイチュア』のコンビ、ミシェル・ゴンドリー(監督)とチャーリー・カウフマン(脚本)が再び組んだ。しかも、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット主演のラブストーリー!!アカデミー賞最有力だと騒ぎになっている。カウフマンは『マルコヴィッチの
3月8日(火) 今日の出来事(番外編) (映画の胃袋 Живот киноего)
ある試写に30分前に行ったのにも関わらず満席で入れず…実はこれで既に2度目(涙)。どこかで時間を潰して、3時半から別な試写を観ることにする。 ところで、最近宣伝が目立つようになってきた『エターナル・サンシャイン』。私は完成披露試写で観たので3ヶ月近く前になるが
エターナル・サンシャイン (Cinema-Absolutism)
エターナル・サンシャイン  2005/アメリカ  ★★★★ 監督 ミシェル・ゴンドリー 出演 ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット / イライジャ・ウッド / キルスティン・ダンスト ■あらすじ■  ジョエル(ジム・キャリー)は、最近衝突気味だった恋人
エターナル・サンシャイン (たにぐちまさひろWEBLOG)
無口で何の面白みもない男ジョエル。あるきっかけで髪の毛をケバク染め上げた一見イカレ風の本屋の店員クレメンタインに出会う。二人はたちまち恋に落ち幸せな日々を過ごすが、些細なことの積み重ねで、喧嘩別れしてしまう。後悔したジョエルは彼女に会いに行くが、彼女は記
映画「エターナル・サンシャイン」 (小仙の徒然日記)
「エターナル・サンシャイン」 \"Eternal Sunshine of the Spotless Mind\" (IMDb) 2004 USA さすがアカデミー脚本賞受賞作品。よく練られたストーリー展開でした。「マルコヴィッチの穴」で有名なリチャード・カウフマンが脚本、監督はミシェル・ゴンドリー、主演はジ
「エターナル・サンシャイン」 (るるる的雑記帳)
「エターナル・サンシャイン」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 あぁ、久しぶりに胸が一杯で何から書いていいのかわからない映画です(ので追記するかもしれません)。 チャーリー・カウフマンにミシェル・ゴンドリーと聞くと
【エターナル・サンシャイン】もう1回みたい!! ( 【インテリア&ライフ】 デザイナーズ家具、インテリア、雑貨...)
これはおもしろい!『マルコヴィッチの穴』や、『ヒューマンネイチュア』を手がけた脚本家チャーリー・カウフマンが脚本・原案・製作総指揮を担当しているだけあってストーリーは奇想天外。でも、それだけで終わっていない所が見所。静かな音楽、映像が奇想天外なストーリ...
試写会:『エターナル・サンシャイン』 (STAGE and MOVIE)
2/28試写会で『エターナル・サンシャイン』を見てきました。設定そのものは少し突飛かなと思いましたが、俳優陣からの評判がいいらしく、とても注目・期待していた作品。■ 『エターナル・サンシャイン』 公式HPhttp://www.eternalsunshine.jp/【ストーリー】バレンタイン
えたーなる・さんしゃいん (マーサ・ストリートぶるーす)
 うぇい!映画の日には、映画を見YO!  って、ことで、 「エターナル・サンシャイン」を見てきました。「マジェスティック」以来、久しぶりにジム・キャリーです。ご無沙汰!   「記憶」を消せる会社。  ・・・、いかがわしいなあ。と、僕なら間違いなく行きませんが
エターナル・シャンシャイン (Lovely Cinema)
今日は半年ぶりくらいにAMCに行って来ました。AMCといったら・・・日本一有名なテーマパークのあるところです。春休みの時期だけあって、電車の中も駅周辺も人でごった返していました。 でもやっぱり思っていたとおりにシネコンはが~らがら~!朝早かったからか
エターナル・サンシャイン (any\'s cinediary)
“さよなら”の代わりに、記憶を消した――。 ストーリー 恋人同士だったジョエル
制作裏話『 エターナル・サンシャイン』 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
『 エターナル・サンシャイン』の原題は 『ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND』で直訳すれば 「潔白な精神の永遠の日光」。 それを邦題では簡略に『エターナル・サンシャイン(永遠の日光) 』としています。 『エターナル・サンシャイン』は 「マルコヴィッチの穴」の
エターナル・サンシャイン ★★★☆☆ (Movie Page)
監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット / キルステン・ダンスト / マーク・ラファロ / イライジャ・ウッド 私は結構好きだったなあ。 「結局、人の心はマシーンでコントロール出来ない。『忘れる』なんてことはDeleteボタ
エターナル・サンシャイン ★★★☆☆ (Movie Page)
監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット / キルステン・ダンスト / マーク・ラファロ / イライジャ・ウッド 私は結構好きだったなあ。 「結局、人の心はマシーンでコントロール出来ない。『忘れる』なんてことはDeleteボタ
『エターナル・サンシャイン』を観ました。 (0120 Blog)
【恋の痛みを知る全ての人に】 恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないように
エターナル・サンシャイン (徒然日誌)
「エターナル・サンシャイン」が見たかったのだけど、私が日ごろよく行く映画館群では上映がなくって。友達を誘ってちょこっと離れたシネコンまで行ってきた。なんかすごく見たくて。 「付き合っていた彼女が自分の記憶を消したので、自分も彼女の記憶を消す」というような
エターナル・サンシャイン (KINOKANAL)
監督・原案:ミシェル・ゴンドリー 脚本・原案・製作総指揮:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー,ケイト・ウィンスレット,イライジャ・ウッド,キルスティン・ダンスト 恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そん.
■エターナル・サンシャイン ジム・キャリー ケイト・ウインスレット (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Eternal Sunshine of the Spotless Mindエターナル・サンシャイン・オブ・ザ・スポットレス・マインド●まずは脚本。「マルコビッチの穴」(John Malkovich)「アダプテーション」(Adaptation)のチャーリー・カウフマンによるものだから、不可思議な妙な癖のある・・・つまり
「エターナル・サンシャイン」 (クレオパトラの夢)
悪くはないけど、自分的には惜しい感じの映画でした。~出会って1年の恋人同士・不器用なジョエル(ジム・キャリー)と衝動的なクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)。何かとすれ違いも多くなった二人だが、ジョエルの咄嗟の言葉に怒ったクレメンタインは何と怪しげ...
エターナルサンシャイン (arudenteな米)
デートで観るのはお奨めしづらい。 エターナルサンシャイン(Eternal Sunshine) http://www.eternalsunshine.jp/ 「さよならのかわりに記憶を消しました」 このキャッチコピーの通りの映画。 正直、これもネタバレを少々まじえての散文感想になりますので未見の方は注意
エターナル・サンシャイン (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不
エターナル・サンシャイン (そーれりぽーと)
脚本賞受賞作だけあってアカデミー賞絡みでは最も期待していた「エターナル・サンシャイン」を観て来ました。(観たのは半月前ですが) ★★★★ ラブストーリーですが、縁とか運命といった事がテーマなので実は恋人同士軽い気持ちで観に行くと痛い目に合いそうな内容です(
「エターナル・サンシャイン」 (こだわりの館blog版)
4/9 丸の内ピカデリーにて 突拍子もない展開を楽しみながら 仕舞には自分の過去の恋愛まで思い出してしまい …この作品には本当マイリマシタ。 監督:ミシェル・ゴンドリー 脚本:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キ
『エターナル・サンシャイン』 (Rabiovsky計画)
『エターナル・サンシャイン』公式サイト 監督:ミシェル・ゴンドリー 脚本:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト    マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 脚本がチャー
エターナル サンシャイン 原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind (Lynneの映画館)
出演: ジム・キャリー Jim Carrey    ケイト・ウィンスレット Kate Winslet OFFICIAL SITE<STORY>バレンタイン直前。プレゼントも用意してあったのに、ジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)は破局してしまう。ジョエルがクレメ
エターナル・サンシャイン 評価額・700円 (Blog・キネマ文化論)
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル
エターナル・サンシャイン (ぶっちゃけ…独り言?)
3点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 凄く良質で、切なくて、感動出来る恋愛映画だと思ってたんですけど・・・ スミマセン。 意味が全然分からなかったです。 観ている間、ず~~っと頭の中で「???」とクエスチョンマークが グルグル回ってました。
エターナル・サンシャイン (Rohi-ta_site.com)
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。 ●ストーリー ジョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走っ
エターナル・サンシャイン (悩み事解決コラム)
{amazon}  映画『{{1006,エターナル・サンシャイン}}』バレンタイン目前。ジョエルは 不思議な手紙を受け取る。「クレメンタインはジョエルの記憶を全て 消し去りました。今後、彼女の過
「エターナル・サンシャイン」 DVDで鑑賞 (映画って素晴らしいもん)
毎回ラブストーリーものには裏切られつづけてきてるので、あえて自分から見ようとはしないのですが、「マルコヴィッチの穴」の脚本家チャーリー・カウフマンと、ビョークのPVにもかかわったことのある監督ミシェル・ゴンドリーの作品だから、どこか見せ方に不思議+映像セ.
『エターナル・サンシャイン』☆今年2本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『エターナル・サンシャイン』(今年2本目) 公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライ.
エターナル・サンシャイン (WILD ROAD)
『エターナル・サンシャイン』 2004年アメリカ(107分) 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー    ケイト・ウィンスレット    キルステン・ダンスト    マーク・ラファロ    イライジャ・ウッド ★ストーリー★ バレ.
映画vol.55『エターナルサンシャイン』 (Cold in Summer)
『エターナルサンシャイン』(2004年公開)*TV 脚本:チャーリー・カフマン 出演:ジム・キャリー ケント・ウィンストレット キルスティン・ダンスト 公式HP ・『エターナルサンシャイン』をTVで観ました。 自分の中の ...
エターナル・サンシャイン (39☆SMASH)
もうすぐ、ミヒャエル・ハケネ監督の『隠された記憶』が公開ですね!! その影響からか、検索ワードランキングで『ファニーゲーム』が、とうとう1位を獲得してしまいました。 まぁ、もろもろを合計したら、まだ『バタフライ・エフェクト』が1位ではあります ...
映画レビュー 「エターナル・サンシャイン」 (No Movie, No Life (映画・DVDレビュー))
エターナル・サンシャイン  原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 監督:ミシェル・ゴンドリー、脚本:チャーリー・カウフマンが作り出す世...