gooブログやめない。

メールが有料になったけど、goo卒業取り止めました。

memo

2017年07月12日 19時07分16秒 | 日記
書籍:日本の食と農 危機の本質

・曲がりなりにも民主主義国家である日本にあって、
 官僚も族議員も試験や選挙を通じて市民の中から選ばれているのだから、
 官僚・族議員の腐敗・堕落を生んだのと同じ病原体が、
 市民の側にも棲息している可能性が高い

・「官僚や自民党を批判する側に、個人の利益を超えた社会の便益という発想が欠落した」

・消費者の利便性への欲求が、結果的に安全・安心を犠牲にしてきたという側面もある。
 利便性追求のツケを政府・企業・生産者・学校に押し付けるのは消費者エゴであって、
 「関心の高まり」でもなんでもない。

・「有機農産物の宅配が健康や環境に気を配る消費者に人気」という類の記事をみると、
 宅配にかける物流コストがどれほど石油を消費しているかについて「気を配らない」のが
 不思議である。



・「環境を壊してでも、無駄が出ても、自分だけはいい物を手軽に手にしたい消費者」



社会を壊してでも、犠牲者が出ても、自分だけはいい思いを実現したい市民。


自分のエゴには気づかないし、気を使わないなぁ・・・。
(こんなんだから政治家を批判するくせに政治に係わらない人がでてくるんだよ)
(自分もそうなんだけど)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« memo | トップ | ミラージュ計画は女王の復讐 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。