いきいきライフこれからだ

今年の暑さには、お手上げ状態です。とてもこたえます。
とりあえず、今からの一年をしっかり生きていきましょう。

つる植物の観察会

2016-12-20 10:39:54 | 日記

12月18日(日)万博自然観察学習館にて開催された「つる植物の観察会」に参加しました。
年末のせいでしょうか、いつもより参加者が少なかったようです。
植物のつるには色々な型があり、実物を見ながら丁寧にご説明頂きました。

付着型
   よじ登り方法
       木の幹や岩盤などに根や吸盤などに付着して、つるを伸ばすタイプ。
       茎に面した側に、一列に並んだたくさんの白い根で密着する。
       枝がつる状に変形して巻きひげとなり、先端がふくらんで吸盤となり、粘液を分泌して密着する。

   この型の植物
       キズタ、ツルマサキ、ツタ、テイカカズラなど。

   テイカカズラと花の写真と説明光景です。

    
    

  キズタも付着型です。きれいな花が咲き、黒い実もなります。

          
    

巻き付き型
   よじ登り方法
       もっとも普通のタイプ。
       巻き付くものに触れると、茎の触れた側とその反対側で成長速度に違いが出て巻き付く。
   
   この型の植物
       右巻き(フジ、ヘクソカズラなど)  左巻き(アケビ、アサガオなど)  左右巻き(ツルニンジン、バアソブなど)

   クマヤナギもこの型です。

    
    

今日の観察会で思いましたが、植物も生きていくために知恵を働かし、人間と同等の苦労をしているのですね。

                                                                     END

   

 

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本一の大観覧車 | トップ | 万博の冬景色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。