いきいきライフこれからだ

今年の桜は驚くほどきれいでした。桜は散りましたが、
チューリップ、ばら、はすと次々と咲きます。楽しみです。

大阪大学豊中キャンパス(2)

2017-05-20 11:18:26 | 日記

大阪大学豊中キャンパスには、学内のいたるところに「キャンパス・ミュージアム・プロジェクト」
として、展示物が設置されています。今回は、科学コースの展示物を3点紹介します。

① サイクロトロン 1954年制作 大阪大学2013年設置

             サイクロトロンは、陽子等の荷電粒子を高いエネルギーに加速する装置。
             菊池正士によって、1937年に日本で初めて28インチ型が中之島に建設
             された。しかし、終戦後GHQに破壊されてしまった。その5年後に完成した
             44インチ型は、第二室戸台風の浸水被害を受けながらも、95年まで現役
             で活躍した。

             

② コッククロフト・ウォールトン型高電圧発生装置
             
菊池正士(1902~1974) 1934年制作 大阪大学理学研究科

             この装置は、60万ボルトの高電圧を発生させることができる。
             水素や重粒子を加速し、重水にぶっつけ発生した中性子を使って
             原子核の性質を研究した。
             菊池正士は、この装置を理学部前に設置し、日本で最初の荷電粒子加速器
             を建設した。

             

③ フーコーの振り子
            2004年制作 ステンレス銅(吊り線) 振り子7cm お盛直径20cm32kg 
            吊り線太さ1、8mm 
            制作:島津理化器械株式会社 大阪大学理学研究科設置

            2004年に理学研究科H棟が竣工し、かって旧教養部、理学部B棟、F棟に分散
            していた物理学教室が同じ建物内で活動することになった。
            これを記念して、平和と真理を追究し、文化の創造、人材の育成にたゆまぬ努力
            を続けている物理学教室の象徴に、フーコーの振り子を設置した。

            

                                                           END

 

            

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪大学豊中キャンパス(1) | トップ | 大阪大学豊中キャンパス(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。