高市慎太郎のEVERYDAYブログ

高市慎太郎が頑張ってほぼほぼ毎日更新します!

世界三大がっかり? 高市慎太郎

2017-06-15 15:55:56 | 日記

ども!高市慎太郎です!


今日は、世界三大がっかり?のマーライオンについて紹介します!


実は、シンガポールには行ったことがあって、


実際にマーライオン見ているんです。


どうだったかって???


それが、覚えてないんだなwwww


 ということで、色々調べてみました~!



その前に、マーライオンってなに?


1


マーライオンとは、上半身がライオンで下半身が魚の姿をしたシンガポールの伝説の生き物です。言い伝えによると、マレーシアの王族が航海中に海が大荒れになり、持っていた王冠を海へ投げ入れたところ、海が静まり、この生き物が現れたと言われています。マーライオンの像は1つではなく、セントーサ島やマウントフェーバーパーク、ホテルの内装など、シンガポールにいくつかあります。その中でも、本家マーライオンの像はマーライオンパーク内にあります。


マーライオンパークとは


2


ビルに囲まれた、シンガポール川河口にある公園です。湾を挟んで公園の目の前には、まるで空に浮かぶ豪華客船のような形状の、有名な統合型リゾート「マリナーベイサンズ」が見えます。公園内にはフラトン ウォーターボート ハウス スーベニア ショップという、おしゃれな造りをしたお土産屋もあります。一時期、マーライオンの水を出すポンプが故障し水が出ていなかったり、桟橋の工事で正面からマーライオンを見ることができなかった時がありました。


いざ、マーライオン見学!


3


マーライオンパークに入ると、早速迫力あるマーライオンがお出迎え!…かと思ったら、想像より遥かに小さい、1mほどのマーライオンがこちらを見つめています。その周囲には、あまり人が集まっておらず、心なしかマーライオンも寂しげ。口からはちょろちょろと弱々しく水が流れています。4


なんだこの覇気のないマーライオン、これじゃあまさしくがっかりスポット…かと思ったら、その後ろに大きなたてがみを生やした銅像の後姿が。先ほどの小さいマーライオン、実は「初代」マーライオンなのです。一番最初に造られたマーライオンなのですが、あまりにも観光客ががっかりする造りだったため、新しく「本家」マーライオンが造られたのです。


今度こそ、「本家」マーライオンを見学!


5


高さは8,6m!口から勢いよく水を噴出しており、水面には水しぶきが立ち上がります。その強さゆえ、立っている場所と風向きにより、水が飛んでくることも。雄々しく海上を見つめるマーライオンの姿を、橋の上やマーライオンの隣から写真撮影している人がたくさんいました。外国人観光客が多いようで、様々なジャンルの方をマーライオンパーク内で見かけました。私も、マーライオンの写真を撮ろうと近寄って行くと、なぜか私の友人が知らない方とマーライオンをバックに写真撮影中。6マーライオン効果…なのかは分かりませんが、言葉が通じなくてもフレンドリーになれるようです。マーライオンの隣に来ると、口を大きく開け、湾を見つめながら前のめりになり写真撮影をしている人々が。何をしているのだろうと視点を変えてみると、マーライオンの噴出している水が、その人の口から出ている様に見えるのです!これは、記念写真を撮るには絶好のスポットだと思いました。私も友人と共に、マーライオンの隣で口を開け、水を噴出している写真を撮りました。7


しかし、上手に撮るのは少し難しかったです。逆にそれがよかったのか、口ではなく、目から水を噴出しているという面白い写真も撮れたので、写真撮影が苦手でもいい思い出を残すことができました。どうしても自分の口から水を噴出している、いい写真が撮れないという場合は、「初代」マーライオンの方が近づけて撮りやすいのでおススメです。思っていた以上に思い出を作れて、景色とマーライオンを楽しみ、友人とはしゃぐことのできたマーライオンパークでしたが、なぜ不評なイメージがついていたのでしょうか?


不評なイメージがあった3つの理由


8


あくまで私個人の見解ですが…


1,初代マーライオン時代の感想


2,マーライオンが故障していた期間に来て、水を噴出しておらず、迫力が半減していた


3,桟橋の工事期間で、背後・横からしかマーライオンを見ることができなかった


というのもあったのではないでしょうか。


ネットには古い情報や個人の意見が散漫しているので、調べるだけでは実際の状況を見つけ出すのは難しいですね。




 引用 



実際どうなの?シンガポール「マーライオンパーク」に行ってきた! - 海外在住の日本人による現地アクティビティ情報|タビタツマガジン



 



ほうほう、マーライオンって1つだけじゃなくて



いくつかあるのね、



しかも、



初代のマーライオンにあまりにがっかりする観光客が多かったから、



大きいマーライオンを作ったのだとか!



次はその辺をよく感じながら旅行に行きたいな!



では、高市慎太郎でした

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »

あわせて読む