高齢者ドライバーの自動車が歩道を歩いていると歩道に真宗して着て走って途中で止まったようです。

2017-03-20 11:48:18 | 日々の出来事
 自動車が歩道に侵入して途中まで走って止まりました。
 横に畑があるので、用事があったのかも知れませんが、歩道に車を止めたら、
狭くって自転車が2台と折れるかくらいしかスペースがありません。
 この車の後ろをみたら高齢ドライバーのマークが貼ってあったので、
ひょっとして畑に用事があったのかどうかも不明だし、あったとしても
こんな歩道に止めても良いはずはありません。
 他人の迷惑など考えず自分さえ良ければという気持ちなのか、
高齢者なので認知症があるのか?
 こういう高齢者ドライバーの車が歩道に止まっていれば
認知症でなくても危険で、アクセルとブレーキを間違って
操作して引き殺されかねませんので、注意しないといけませんね。
 こういう高齢者が増えてきているので、認知症があろうが
なかろうが、70歳で免許取り消しに法律で決めるべきだと
思います。
 こんな高齢者ドライバーに引き殺されてはかないませんしね。

 自分の運転技術や半単能力が落ちてきて危険だなあと思えたら、
自主返納すべきです。
しかし、自主返納する人は冷静に自分の技能や判断能力の低下を
しっかり、わかっている人で、自主返納しない人はそれすら理解
できないとか、自分は大丈夫だと過信している人間が多いと
思います。
 それに自主返納しない人間の方が自主返納した人より危険で
問題の多い運転者の可能性は高いと思います。
 だから、法律で70歳もしくは75歳で免許取り消しにすべきだし、
60歳以降は毎年更新にすべきだと思います。
 そして、65歳以上は免許更新料や保険料の引き上げをして、
運転免許の自主返納を推進するようにすべきだと思います。
 もちろん、70歳で全員免許は取り消しにしてそれ以降は
運転できないようにすべきだと思います。
 
 認知症である事を家族が知っていて放置した場合、刑罰を
与えるべきです。
 そして認知症で家族が放置もしくは黙認して死亡事故を起こした
場合は、家族にも懲役刑などを科すべきだと思います。
 
 高齢者ドライバーに他人の命を奪う権利などありません。
どんなに自動車がないと日常生活ができないからといって、
認知症や技能や判断能力低下して運転する事は認められないし
まして、その事で交通事故を起こして人を怪我や死亡させる
権利などありません。
 そういう事を肝に銘じて運転し70歳で自主返納すべきです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校生って自転車の交通ルー... | トップ | ウォーキングをしていると九... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。