コリアンジャパニーズ

韓国系日本人のひとりごと

R4

2017-07-13 08:01:58 | 国際・政治
R4が、ついに戸籍を開示するという
これについて、バカがまた差別だなんだと騒いでいるが、R4は国会議員で、野党の当主で、まんまんまんまんまんがいちのことが起これば日本国の首相になってしまう立場なのである。一般人の国籍をさらす、ということではまったくない。
国会議員の国籍がどうなっているかは、国民の知る権利の最上部にあることではないのだろうか?

日本では二重国籍は求められていない。二重国籍ならば、法律違反であり、刑事罰こそないものの、大きな反省を求められることである。それにしても日本はゆるい。立候補時に、戸籍を提出し、審査できないものだろうか? 実際、アメリカをはじめ、立候補時に審査をしている国は多くある。二重国籍ならば、そもそも立候補できないのだ。
さらにいえば、帰化して、すぐに立候補というのもあり得ない話だ。日本の帰化については、条件がとても簡単で、自活できる職業があり、犯罪歴がなければほぼスルー状態である。どんなに反日思想があっても問題ない。せめて国歌が歌えるかくらいの審査があってもいいだろう。

在日の多くが帰化しないのは、犯罪歴があって帰化できない人間がかなりいることが最大に理由である。帰化できない人間は、帰化しようとする、犯罪歴のない同胞に、「祖国を裏切るのか」と脅し、帰化を悪いことのように非難する。自分が日本国籍を取れないから、他人がとるのを許せないのだ。

話を戻そう。R4の問題は、自身がついたウソが、自身に跳ね返ってきているということである。彼女はさんざんでたらめなことを言いまくった。その場その場にスタンスに合わせ、ある時は中国人、ある時は台湾人、ある時は生まれつき日本人で、ある時は高校時代に日本国籍を取得した…。もうウソはやめろ! とりあえず、お前の現在と過去をはっきりさせてくれ。そう訴えているに過ぎない。差別とはなんの関係もない。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狂っていたマスゴミ、もう報... | トップ | 劉暁波氏の死 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。