しんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんそう館林木戸

日記風に「しんそう」で改善された症例、研修会報告、趣味の俳句など  群馬館林0276(74)0956

随分からだが楽になり気分もスッキリしました

2017年06月13日 21時16分48秒 | 患者さんのことば

火曜日は早稲田オープンカレッジですので

朝10時半発で帰宅は5時頃になります。今日は9回目ですので

来週1回をもって前期は終了となります。

もうあと一回かと思うと早いなーと思いますし良く頑張ったとも思います。

堀切先生は83歳になられるかと思いますが

先生の講義内容の素晴らしさに惹かれて勿体なくて休めなかったのですね。

あと一回、頑張ろうと思います。

少し雨に降られましたが傘をささずに往復できありがたいことでした。

 

帰宅してお一人調整させていただきました。

お話をお聞きするとちょっと働き過ぎたようです。

疲れたところに食べ過ぎたようで嘔吐をされたとのこと。

不調のときは健康の形になっていないという事実があります。

背中を見せていただくとやはり背骨が中心にありません。

調整は順調に進み「しんそう」の検査も綺麗に揃いました。

「随分楽になり気分もすっきりしました」と立ち上がりました。

年を重ねるほどに今までと同じに働いてはオーバーワークになることを

自分にも言い聞かせるようにお話させていただきました。

 

火曜日夜は当院でのバランス体操教室です。

一緒に体操させていただき疲れもとれてありがたいことです。

 

今日も一日元気に動くことができました。感謝です。

 

★★しんそう東京研修会ブログはこちらからどうぞ。

 研修会の見学者大歓迎です。お申し込みは上のしんそう東京研修会ブログからどうぞ。 

★★★ 

からだには「解剖学的基本の肢位」という健康の形があります。

「しんそう」には登録商標となっている変形の原因である

手足の左右差を見る独自の検査があります。

検査についてはしんそう館林木戸 からご覧いただけるとありがたいです。

その検査に基づき無痛で健康の形に復す手法があります。

人は手足を左右対称には使いませんので

多かれ少なかれ生きるということは変形することです。

この手足の左右差が色々な症状の原因となっていることが多いのです。

左右差が改善されれば健康の形ですのでからだは楽になります。

からだが楽になると心身一如ですから心も軽くなります。

筋骨格は左右対称性、これが天与の姿です。

高齢化の日本です。

変形をなおして健康長寿を全うして欲しいと切に願って調整をさせていただいてます。 

 

利き手、利き足は小さいときから自然とできてきますので

子どものからだも変形は始まっています。

一家に一人「しんそう」ができる人がいたら何と素晴らしいことでしょう!!  

「しんそう」は研修生を募集しております。

 

小さいときから正しい姿勢を身につけることが生涯の健康維持に影響します。

学校や職場での「し んそう」体験会

人数の多少にかかわらず無料でさせていただいてます。

詳細は下記までお気軽にどうぞ。

「しんそう館林木戸」 電話 0276(74)0956

 


お読みいただきありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

形をなおすしんそう館林木戸    

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 跳ねっ返りたいほど元気にな... | トップ | 手の痺れ改善しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。