ねこばか日記

白猫親子と猫バカ飼い主の日常を4コマ漫画風で始めたブログです。最近は信州おすすめスポットが中心に☆

松代藩士 佐久間象山神社 ~長野市松代町~

2017年08月20日 | 信州おすすめスポット

日本人の中に眠る何かに触れるのか、とっても惹かれる町、松代。

次に行ったのは象山神社です。

佐久間象山は、松代藩士で思想家。

長野県民は「さくまぞうざん」と呼んでいますが、一般的には「さくましょうざん」なんだそうです!

確かに・・・「さくまぞうざん」で変換してもダメだけど、「さくましょうざん」ならちゃんと変換します。

ちょっとビックリ★ 当時はどっちで呼ばれてたんだろう??

確か川中島古戦場に行った時も、佐久間象山の像がありました。

鳥居のそばに「下乗」と書かれた立札があります。

これは「これより先は神聖な場所なので乗り物(馬)から降りて入りなさい」という意味があるのだとか。。

物知りの友人(男性)に説明され、「へぇ~~~~!」と、納得&感動の女ふたり(笑)

この年になっても知らないことばかりで恥かしいけど、何かを知ることって楽しい~♪♪

相田みつをさんの「一生勉強 一生青春」って言葉、好きです。

確か手塚治虫氏が亡くなった時の記事で読んだ記憶があるのが、

氏が「この宇宙にはまだまだ人知の及ばないものがたくさんある」と常々言っていた、という話。

人間は長いこと地球で大きい顔をしてきてるけど、こういう謙虚な気持ちって必要ですよね。。

 

 御神木。これも紅葉の時期に見たら、とってもキレイなんでしょうね。。

 

こんなのもありました。・・・石川五右衛門の釜かと思ってしまった(^^;)(笑)

まさかお酒を造る釜だとは。。

 

宮坂酒造店と聞くと真澄が浮かびますが、そことは違う宮坂酒造さんなんですね。

日本酒に詳しくない自分からするとこんがらがりそうです★★

でもちょこっと見てみたら、松代宮坂酒造店さんのお酒「真田十万石」「松代城」「梅津桜」など、

名前だけでも惹かれてお土産にしたくなるような日本酒が多かったです♪

今度行く機会があれば買ってみたいかも・・・( *´艸`)

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

象山神社公式ホームページ

松代宮坂酒造店㈱

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恵明寺、山寺常山邸、コワい... | トップ | 当時のままの姿が貴重な文武... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名前 (はのや)
2017-08-20 23:24:04
そうですね、確か「しょうざん」と習ったような気がします。
でも「ぞうざん」と読みたくなりますよね。

宮坂酒造もこれは松代宮坂酒造ですね。
真澄は宮坂醸造ですよね。
で、神州一味噌も宮坂醸造ですが、別会社なんですよね。ことし社名を変えましたけどね。

信州は宮坂が多いのかな。

ちょっと調べたら、
http://www.nagano-sake.com/sake/
信州おさけ村、行ってみたくなりました。
話がそれてすみません。

象山神社、静かな素敵な神社でした。
はのやさん (りんご)
2017-08-21 17:24:08
長野県では普通に「さくまぞうざん」と子どもの頃から聞いているので、
何の疑問ももたずに「ぞうざん」だと思っていました。
県民のほとんどが知っている、と有名な(笑)
「信濃の国」でも「ぞうざん」と歌っています。

「宮坂」という苗字は岡谷・諏訪辺りが多いようです。
おさけ村に行ったら飲みすぎちゃって困りますね(笑)
東京には何でもあって良いなぁ~~~♪
うんうん (ころころ)
2017-08-21 18:55:33
地元民も皆「ぞうざん」と呼んでいますよ
ドラマでも「ぞうざん」ですよね
じゃあ、何故「しょうざん」が正解なのか?
なんか面白いですね~歴史の謎の一つ?(^_^)

もともと大好きな町ですが去年からは「真田丸」のインパクトが強くて、歩くたびにドラマのいろんな場面を思い出して胸がぎゅんってなりますす💕うふふ
Unknown (Unknown)
2017-08-21 20:42:05
りゅうま、りょうまとは違いこちらは号ですから、どちらでもいいのでしょうが、
しょうざんだったような・・・
勝海舟の氷川清談で勝海舟はしょうざん と呼んでいたと思いますが、相変わらずの記憶違いかも。
Unknown (ヒロ)
2017-08-21 20:43:35
コメントの名前書きわすれました。
いろいろですね。 (はのや)
2017-08-21 21:24:44
webで調べると、一般的にはやはり「しょうざん」ですが、長野地方では「ぞうざん」が普通のようです。
本人は「しょうざん」と言っていたようですけどね。
こんな論文もあるようですから、どちらでもいいのかな。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1058038
ころころさん (りんご)
2017-08-21 23:10:48
長野県民としては「ぞうざん」で通っているのに、
一般的には「しょうざん」というのが不思議ですよね★

そっかぁ。。
「真田丸」を見てたらよくわかったのね。
私も総集編を見たはずなんだけど、
「あ、あそこ♪」というようなのはわからなかったです。
やっぱり地元じゃないとダメですね。

逆に地元だと「警察」としてドラマに出てたけど、
「あれ、本当は市役所とか合庁だよね」というのがわかったりします(笑)

今はやりの聖地巡礼なんてする気はないけれど、
地元が舞台のドラマやアニメは、やっぱり気になりますよね(^.^)♪
ヒロさん (りんご)
2017-08-21 23:13:49
実際に呼ばれていたのはどっちなのか気になりますよね。
何故、二通りの呼び方に分かれたのかも謎ですが。。

あ、今チラッとはのやさんの投稿が見えたら、
「本人はしょうざん」と書いてありました(笑)
はのやさん (りんご)
2017-08-21 23:20:48
こんな細かいの、読んだんですか?(@_@。
わ、私には無理かも~~~~★

・・・ということで、探しました(笑)
https://ameblo.jp/prof-hiroyuki/entry-11495043434.html

↑によると、

「ぞうざん」の読みを支持する人達が地元に多い(もしくは多かった)のは、
「自家近くの丘陵が象(ぞう)に似ていた事に由来」
という本人の発言が大きいとされています。

・・・とは言っても、

象山自身は「しょうざん」と読ませていた事が、
署名・発言録など多数の史料から明白になっています。

とのことです。
結局、なんだかよくわかりません。
どっちでも良いのかな?(^^;)
もう一言だけ (はのや)
2017-08-22 06:08:08
神社は「ぞうざん」神社です。

コメントを投稿

信州おすすめスポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。