ねこばか日記

白猫親子と猫バカ飼い主の日常を4コマ漫画風で始めたブログです。最近は信州おすすめスポットが中心に☆

緑に囲まれた碌山美術館 ~安曇野市~

2017年08月10日 | 信州おすすめスポット

穂高神社を見た後、時間に余裕があったので碌山美術館に行くことにしました。

ちょっと道を一本間違えちゃったけど。。(@_@。 無事到着☆

9月3日まで、『ロダンの言葉』展をやっているようです。

この美術館に来ると、♪ つたのからまるチャペルで~ ♪ という歌が浮かんできます。

一緒に行った友人は「碌山美術館は森の中にあるんだと思ってた」と言いました。

確かに・・・緑に包まれた建物を見たら、そう思っても不思議ではありません。

実は穂高駅のすぐ近くで線路を渡った所にあり、周りには中学校や郵便局、西友もあります(笑)

↑ 「労働者」という題名がついた像。

友人は「この人、働いてない」と言いました(笑)ヾ(≧▽≦) ノ

この後、中に入り、絵画を学んでいた荻原碌山(守衛)がロダンの作品に出会い、

彫刻へと傾いていったということを知りました。

そう思って見ると、この像はロダンの「考える人」に似てる気がします。

建物の周りも見るものが色々あったり、のんびりと休憩できるスペースもあったりして素敵な美術館です♡

高村光太郎の書いた原稿用紙が銅板に刻まれていました。

屋内の作品は当然撮影禁止なので写真はありません☆

2階の図書資料室は大丈夫でした(^^)

力強い作品の数々も素晴らしい目の保養になりますが、この美術館の風景だけでも癒されるスポットです♡

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

碌山美術館HP

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穂高神社ふたたび 結びの石... | トップ | 安曇野のわさびが決め手! そ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待と現実 (はのや)
2017-08-10 15:03:16
こういう建物が線路脇の住宅地にあってはいけないと思う。
物にはそれぞれにそれが存在するべき場所と時間があって、それを裏切ってはいけない。

なんてね、期待と現実のギャップにちょっと、いやとってもびっくりしました。
現実と言うものはそういうものなんでしょうね。

もうひとつびっくりしたのが、女性の胴の裸像の彫刻があって、これは当然だと思いますが、男性の胴の裸像の彫刻もありました。男性の胴の裸像なんて只の棒切れみたいで、ここに芸術があるのかって考えるのはやっぱり素人だからかな?
男として女性の胴の裸像は芸術だと思いますが。。。

碌山美術館、素敵でした。
はのやさん (りんご)
2017-08-10 15:41:56
この美術館は昭和33年4月に建てられたそうです。
日本中が徐々に活気づいていく頃ですよね。
そう考えると、もしかしたら当初は森の美術館だったのかも?(笑)
その後、美術館の周りが急速に発展して行ったのかもしれません。
あくまでも憶測ですが(^-^;

男性の裸像というとダビデ像が浮かびます。
女性の裸像が“柔”なら、男性像は“剛”でしょうか?
碌山は「生命の芸術」を求めていたそうですから
男性と女性は根本的なものかもしれません。

とってもゆったりとして楽しいひとときでした。
またよろしくお願いします(^o^)
追伸 (りんご)
2017-08-10 17:25:06
よく考えたら、30年代初めってまだ交通の便も悪かったですよね?

なので、気軽になるべく多くの人が美術館に来てくれるように、と
駅の近くに建てたのかもしれないな~。。と思いました。
同い年 (はのや)
2017-08-10 21:51:34
りんごさん。
私もちょっと調べてみました。
昭和33年4月は開館した年ですね。
建物が立ったのはその前年です。
と言うことは。。。
穂高駅はもっと後かと思ったら、大正4年に駅ができていたんですね。
安曇野、ちょっと侮れないぞ。
はのやさん (りんご)
2017-08-10 22:36:48
そうなんですか。
じゃあ、やはり追伸の方で書いた可能性が高そうですね。

まだマイカーが一般的ではなかった頃に、
少しでも多くの人に訪れてもらうには、
駅の近くがベストだったということは考えられますよね(^.^)
あ、 (りんご)
2017-08-10 22:47:31
同じ年ということで一層親近感もわきましたか?

その頃ってすごいですよね。
東京タワーも昭和33年だし。。
黒部ダムも確かその頃造ってましたね。
Unknown (ヒデ)
2017-08-12 23:06:27
碌山美術館を見ましたよ。
駅の直ぐ側に有り、以外でした。
美術館と言えば、閑静な所に有ると思ってました。
今日はお寺さんが来てくれまして、ありがたかったです。

今年は神社係りなので10月の8,9日はお祭りなので、参加します
11月の22日は新嘗祭なので行きます

秋にはそちらに行きますよ・・綺麗な銀杏を見に行きます。
綺麗に見える時期を教えて下さい・・・そちらに行きますよ。
楽しみにしています。




ヒデさん (りんご)
2017-08-13 09:18:57
ヒデさんも碌山美術館が駅のそばにあるのが意外と感じるんですね~。
こっちにいると、そこにあるのが当たり前なので考えもしませんでした。

はい。
信州ではお盆が過ぎると、秋はアッという間にやってきます。
お待ちしていますね♪

コメントを投稿

信州おすすめスポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。