ねこばか日記

白猫親子と猫バカ飼い主の日常を4コマ漫画風で始めたブログです。最近は信州おすすめスポットが中心に☆

塩の道博物館&流鏑馬会館 ~大町市~

2017年10月12日 | 信州おすすめスポット

大町市にある塩の道博物館に初めて行ってみました。

今は塩の道ちょうじやというらしいです。

塩の道とは自動車がない時代に、海のものを山国に運ぶために使われた道のことを言い、

ここでは新潟県と長野県を結ぶ千国街道の歴史などについて展示されています。

江戸時代の庄屋さんだった平林家の建物を利用した博物館なんだそうです。

 

うんうん。こういう感じ、とっても好きです♡

古文書や昔のお雛様みたいなものも飾ってありました。

他にも藁の靴とかお財布とか色々。。

時代劇でしか見たことのないようなものばかり(笑)

ひと通りお部屋を周って、次は蔵(?)

醤油や塩を作った蔵のお部屋がいくつもありました。

その先には流鏑馬会館があり、自動ドアが開くとビックリ☆

子ども流鏑馬の像が目の前に現れます。

 

大町市若一王子神社の流鏑馬日本三大流鏑馬のひとつなんだとか。。

子どもが射手であることも珍しく、歴史的にも一番古いようです。

塩の道ちょうじやは入館料 大人500円(小中学生半額、未就学児無料)です。

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

塩の道ちょうじや(旧塩の道博物館)

三大流鏑馬-やぶなび

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の八方池 ハイジの山の湖... | トップ | 大雪渓 工場見学とショップ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (FROZEN)
2017-10-13 11:21:19
今や化学製法ばかりになったが天然の塩は当時海の塩田か岩塩から採れないと内陸まで搬送する他なかったからこういう文化が発達してきたようだね
信州へは当時名古屋や浜松からよりこのように糸魚川の方から運ぶことが多かったのかな
フローズンさん (りんご)
2017-10-13 17:57:32
長野県は縦に長いので、
北の方は新潟・北陸になじみがあるし、
南の方は中京とのつながりが濃いです。

ここの塩蔵には、にがりだめの仕組みが当時のまま残っていて貴重なんだそうです。
昔の人たちって、今のように便利なものが少ない中で、
色々工夫していてすごいな~、と思います。
そして、そういうのを見たり感じたりするのって楽しいです(^.^)♪
千国街道 (はのや)
2017-10-14 21:51:28
なんで千国街道っていうのかなって疑問に思って調べたら、小谷村の旧名が千国っていうんですね。
確か、千国街道の地図と言うか道筋の展示があったと思います。
昔の人は良く歩きましたよね。
と言うか歩くしか手段がなかったんですよね。
いい時代に生まれてよかったと思っています。
向かいのお店にもご無沙汰です。
またみんなで飲みたいですね。
はのやさん (りんご)
2017-10-15 00:27:09
そういえば、はのやさんは一度ここに行ってるんですよね。
私は初めてでしたが、思っていたより良い感じで、
これならもっと早く行っておけば良かったと思いました。

昔の人ってすごいですよね。
今より色々不便だったのに、
もしかしたら今よりも優秀なものを作ってたのでは?
と思うことが多々あります。

はい。また是非みんなで飲みましょう~(^o^)/
Unknown (けい)
2017-10-15 09:35:19
この建物、気になって私も見学しました(^^)
奥がとっても長くて、荷物を積んだまま入った歴史を感じました。

白馬、小谷方面にも、昔の建物が保存されてて塩の道の歴史に触れられます。
でも、ここより山の中だからか、見学する人もあまりいなくて寂しいです。

昔のこうした建物、見るの大好き(*^^*)
けいちゃん (りんご)
2017-10-15 17:17:22
あれっ?いつ見たんですか?
芸術祭の時は入らなかったよね。
あれより前に来てたんでしたっけ??

そういえば今日、けいちゃん好みの見学場所をみつけましたよ♪
けいちゃんが喜びそうだなぁ~。。と思いながら見ました。
またブログに載せますね。(^_-)-☆

コメントを投稿

信州おすすめスポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。