津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■爺様は自転車お供にかやりこみ

2017-06-09 21:38:44 | 徒然

 昼過ぎ自転車で近所まで出かけ、所用先でスタンドを立てたが自転車がひっくり返ってしまった。
ハンドルがねじれた状態で起こすのに難儀しているうちに、こんどは自転車もろともこっちがひっくり返ってしまった。
左足をしたたか打って、足の外側に切り傷を作ったみたいな痛みが来た。1キロほどの距離をなんとか帰宅。
しばらくは何ともなかったが、夕方から膝やふくらはぎが痛み出してきた。膝が痛くて歩行もままならなくなってきた。
シャワーをしたのち、外用の湿布薬「ロキソニンテープ」を三枚貼て調子を見ることにする。(ついでにトンプク1錠)

自転車で走るのは20キロ(10キロ往復)くらいなら何ともないのだが、自転車を降りるとさすがに疲れた足元がおぼつかない。
年寄りは骨折したら大ごとになるから心しなければならない。今日は早々に寝ることにいたします・・・

::ストロベリームーンを見てみましたら、薄い雲のなかにあってなかなか幻想的でした::

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■槇嶋家住宅 | トップ | ■松寿庵先生・第240講 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。