津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■193 / 531

2016-10-01 10:32:50 | 歴史

 松本寿三郎先生監修の「熊本藩侍帳集成」に「十二組名附帳」がある。文政四年十月朔日附で番方十二組の531名の名前が組毎に記載されている。
一番・尾藤多賀丞組以下、牧新五組、宮村典太組、木下平馬組、志水久馬助組・續繁也組、朽木内匠組、遠坂関内組、齋藤勘介組、有吉清九郎組、松下清蔵組、西山大衛組などである。
これ以外にここには含まれない、あと4~500名くらい(?)の藩士が居ることになる。
この侍帳の特徴は家禄・氏名の下にどこに在宅しているかが書かれていることである。
在宅とはかって■在宅という記事を書いたからご参照いただきたい。500石以下の家士が生活再建のために地方で生活することを言う。
原則侍は遠隔地に勤務する者を除き府中で暮らすのが原則である。
その数が193名 有るというのが驚きである。好きで地方で生活しているわけではない。この数字を見ると藩財政が困窮の中にあることがよくわかる。
只今「新・細川藩侍帳」に反映中である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■松寿庵先生・第205講 | トップ | ■宮村益太の切支丹宗門改めに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。