津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■細川立孝書状 細川忠興四男宇土藩消息古文書古筆和本熊本藩武将

2016-09-15 17:25:37 | オークション

                 細川立孝書状 細川忠興四男宇土藩消息古文書古筆和本熊本藩武将 

                 細川立孝書状 細川忠興四男宇土藩消息古文書古筆和本熊本藩武将

出品者商品説明 

細川忠興の四男 細川立孝(初名は立充)書状一通 画像の花押コピ-は宮崎県史のもの 宛ての上林(藤村)三入は京都宇治の著名な茶商 細川立孝は晩年の忠興に溺愛され忠興の遺領である八千代城(七万石)を継承する予定でしたが父忠興に先立ち夭折したため子息行孝は宇土藩の藩祖となりました。江戸後期に本藩の忠利の系統が嗣子絶えた以降は現当主まで立孝系が元熊本藩主家として継承されております。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

細川立孝は立允と称していたが、寛永七年環俗して立孝を名乗った。正保二年五月に亡くなった。
一方上林(藤村)三入は「上林家文書」によると、初代幸盛であろう。寛永十五年二代目に家督を譲った折から「上林」を名乗ったといわれる。
仮にそうだとすると、寛永十五年から正保二年の間の書状となるが、藤村・上林両方を使っていた時代もあるようで、時代の特定は出来そうにない。
 
よくよく花押を見ると「立允」とある。そうなれば寛永七年環俗前の書状ということになり、三入がこの頃にも「上林」と名乗っていたことになる。
                                        9・19 加筆修正 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■松寿庵先生・第203講 | トップ | ■九代藩主・治年公逝去とその... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オークション」カテゴリの最新記事