津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■お召し

2016-12-07 19:33:49 | 歴史

 寛文二年(1662)の今日十二月七日、細川綱利は江戸城に召された。松平讃岐守(頼重)の養女・久姫との縁組が仰せ出された。
久姫は水戸徳川家頼宣女であり、頼重と光圀兄弟の末妹にあたる。
綱利は20歳、久姫は19歳である。翌年の六月十二日入輿した。そして四人の女子をなした。
    ・菊 松平豊後守頼路室
    ・光 坂井左衛門尉忠眞室
    ・松 西園寺左中将婚約中に死去
    ・楊 松平志摩守直丘室

久姫は延宝三年二月廿日に没す。32歳。法号本源院梅渓妙香、東海寺中妙解院に葬る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■病院行 | トップ | ■判読不明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。