津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■江戸証人制度廃止となる

2017-07-13 07:27:07 | 歴史

 寛文五年七月十三日幕府による江戸証人制度が廃止された。細川家においては忠利公を最初とする。
細川忠興の二男・興秋は弟(三男)・忠利の代わりに忠興によって指名されたが、興秋はこれを拒否して出奔大坂の陣においては西軍に加担する。のち忠興により自刃の命を受けた。
これに変わったのが五男・興孝(刑部家祖)だが長く江戸に詰め、天草島原の乱への出陣も認められず、父忠興との仲が悪くなった。
興孝に代わったのが生母を同じくする四男・立孝(宇土細川家祖)である。この人は忠興が溺愛したが、逆縁で亡くなった。
また忠興の母麝香が70歳で江戸証人となっているが、家老有吉家では4歳の「しゃみ」が証人となつている。
家臣団においてはすべてを把握できていないが、これ等の人たちは後に藩主の側近として重要な役を勤めている。
以下過去に取り上げたものをご紹介しておく。

   江戸証人の始まり

   慶長五年一月十五日 (忠利)  

   証人忠利のお供の人々

   元和四年の江戸藩邸 (麝香)

   原因は「大名証人制度」 (興秋)

   ■寛永17年3月興孝(刑部家祖)、熊本帰着

    江戸証人のこと-- 1

    江戸証人のこと-- 1 (続)

   江戸証人のこと-- 2

   江戸証人のこと-- 3

   江戸証人のこと-- 4

   江戸証人のこと-- 5 (松井家)

   江戸証人のこと-- 6 (有吉家・沢村家)  

   ■有吉家のシヤミとは・・・・

   江戸証人のこと-- 7 

   ■米田新十郎という人

   沼田氏の證人

   江戸証人・沼田与次郎

   「大名証人制度」の細川家10家      

        御恵贈御礼「東大史料編纂所研究紀要第27号抜刷 寛永一六年細川忠興の人質交代」

 

 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■67件目と68件目 | トップ | ■上妻文庫・書写版「おあむ物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。