津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■「おしも覚書」(二)

2017-07-17 12:32:09 | 史料

                       方(彼)方より此人を頼ミ、内しようにて右之様子申こし、人
                        しちに御出候様にと度々ちやうこん申候へ共 三斎様御
                        為にあしく候まゝ、人質に御出候事ハいかやうの事候とも
                        中々御とうしんなきよし仰られ候、また其後まいり
                        申され候ハ、さ様に候ハゝうきた(宇喜田)の八良殿ハ与一郎様おく
                        さまニつき候て御一門中ニ而御座候間、八郎殿まて御出

                        候へハ、其分にてハ人質ニ御出候とハ世間にハ申ましく候
                        まゝ、さ様に被遊候へと申まいり候事   
                       一御上様御意被成候ハ、うき田の八郎殿ハ尤御一門にて
                        候へ共、是も治部少と一味のやふに被聞召候間、それまて
                        御出候ても同前に候まゝ、是も中々御同心なく候ゆへ、
                        内せうにての分にてハ明埒申不申候事   
                       一同十六日かの方よりおもてむきの使参候て、是非/\
                        御上様を人しちに御出し候へと、さなく候ハ押かけ候て
                        取候ハんよし申越候につき、少斎・石見申され候ハ、餘り申
                        度まゝの使にて候、此上ハ我々共是に切腹いたし候共
                        出し申ましき由申遺候、それゟ御屋敷中の者共覚悟
                        仕り居申候事

                         一御上様御意にハ誠押入候時は御自害可被遊候まゝ、其時
                        少斎奥へ参、御かいしやくいたし候様ふと被仰候、与一
                        郎様 御上様へも人しちに御出し有ましく候まゝ、是も
                        もろ共に御しかいなさるへきよし内々御やくそく御座候事

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ガラシャ夫人御命日・「おし... | トップ | ■「おしも覚書」(三・了) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。