津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■六月十四日・祇園会

2017-06-16 18:25:19 | 史料

 「歳序雑話」という古い記録がある。熊本の歳時記ともいうべきものだが、六月の項の「祇園会」を抜粋してみた。
原文は白文であるが、これが掲載されている「日本都市生活史料集成3ー城下町篇1」では「レ点や一二、送りカナ」が振られている。
それでも中々読むのに難儀するが、チャレンジしてみた。

   (六月)十四日は祇園会也、七日より十三日に至ル、社頭ニ詣デ尊卑於道路ニ支(わか)ルコト竹葦ノ如ク稲麻ニ似タリ、
   一駄橋ノ前後、社壇ニ及マデ茶店ヲ構エ、仮屋ヲ飾リ種々ノ売買ノ珍異、玩弄ノ具物、酒肴ヲ置時果ヲ備エ、来往ノ求ヲ
   俟ツ、又道ノ傍ノ乞食人、声々ニ一銭ヲ求ム、是國初ヨリ河原ノ地ヲ卜(ボク)シ、曾テ世ノ交リ無シ、故ニ寛仁ノ世ニ
   至テモ猶斯ノ如ク乎、往反朝ヨリ暮ニ至リ、暮ヨリ明ニ達ス、夜々月光明々、水色清々、涼風袖ヲ翻ス、故ニ遊舟ニ棹シ、
   坪井ノ流ヲ降リル、一駄橋ノ下ニ至リ、棹ヲ閣(お)キテ往還ノ行粧ヲ見レバ、多々舟中酒ヲ置キ、吟風弄月楽ヲ以テ尽
   ス、亦女童ノ商売ノ遊船傍ニ有リ、倡瞽(しょうこ)ハ淫楽ノ器ヲ鳴シ、淫風ノ歌ヲ謳ウ、種々其ノ求ムルハ一種ニ非ザ
   ル也、陸者ハ舟中ヲ窺ヒ、舟者ハ陸路ヲ仰グ、述ベキ情患耳ヲ忘ル、
   祭日ハ両座ニ於テ申楽ノ能ヲ興行ス、舞台上下ノ桟敷、芝居ノ結構、巨細毫ヲ以テシ難シ、六曹ノ一人上ニ代リテ至リ見
   ル焉士長群臣列ヲ曳キ席ニ著ス、臘次ヲ敢テ乱サズ、其式御所ノ体ト異ル莫シ、楽七番ヲ以テ限ト為ス

難しい熟語があり解しがたいが、喧噪の中の祭りの様子が見事に白文の中に凝縮されている。
ざわめきの中に人々の笑顔が見えるようである。

                    

 かっての祇園社、現在の北岡神社では6月30日「夏越の大祓」の茅の輪くぐりが催される。むかしの賑わいを取り戻したいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■夢の中の作句 | トップ | ■6月例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。