津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■尚歯会

2017-06-18 21:31:34 | 歴史

 熊本藩年表稿、安永6年6月18日の項に「竜口邸にて尚歯会を催され、七十才以上の御知音老人を招き、又出入の者、家中の男女七十才以上の者に料理等下さる」とある。
宇野東風著「細川霊感公」に「養老」という項を立てて次のように記されている。

  齢は爵徳のニと共に、天下の達尊也、故に古来聖王賢主、皆老を養ひ給ふ、
  公亦特に耆老を憫み給ひ、町方在方の別なく、奉行所に命じて調書を進達
  せしめ、士農工商の別なく、年歯九十に達するものには、其の品位に従ひ、
  士分以上には目録を添へ、農工商には、金子に酒を添へて賜へり、然して
  此の恩典は、初めは年の六月に下賜せられけれども、六月まで半年を経過
  せむには、或は老木の風を待たぬ例もあれば、其の恩典に漏るヽものあり
  なむとて、遂に改めて正月十一日に下賜せらるることヽなれり、其の他鰥
  寡孤獨の救恤を怠らせ給うことなく、領内無告の民なかりき、
  (尚歯会については)
  嘗て江戸にて尚歯会を催し、七十歳以上の人々を招きて、終日饗宴ありて
  大いに歓楽を盡さしめ、壽字を蒔繪したる杯一個宛、萬歳杯と稱して、引
  出物にせられ、且つ賤者には金子を與へ、當日往復の輿料をも添え給へり、
  又女は同日小君の許に召して、同じく饗宴を賜へりとぞ、

  この尚歯会は御客、筑前・有馬備後守共八人、家臣・成瀬尉内共九人、町人・寺町百庵共五人、雑人・七人、女十九人とある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■しなす・・ | トップ | ■物知り殿様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。