津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

しびんた

2012-03-18 17:20:59 | 徒然

 「かくびんた」というユニークな(失礼)HNをもった方が、「江津湖の水辺から」という素敵なブログを発信しておられる。
私が幼い時期遊び場にしていた江津湖の情報がもり沢山でいつも拝見している。
              http://kappabori.blog40.fc2.com/blog-entry-378.html#comment367

 この「かくびんた」とは、大型タナゴの一種金平のことを指すのだと仰る。タナゴを熊本では「びんた」と称するのは承知しているが、「かくびんた」という名前は知らなかった。というのも私が吊り上げていたのは、体長3センチほどの小さなタナゴばかりであったからだ。私たちはこれを「しびんた」と読んでいた。ウイキペディアのお世話になると、「しびんた」とは、福岡・佐賀・熊本でバラタナゴを呼ぶ呼称だとされる。

 最近熊本出身の人間国宝・画家堅山南風先生の随筆集「想い出のままに」を読んでいたら、最初の項「望郷五景」の冒頭に「しびんた」という一文があった。
画家として「青紅色のシビンタのウロコが美しく・・・・」と観察しておられる。そして次の句を披露されている。

                     紫ビンタの紫かなし川からし

 そうか「紫色のびんた」かと、合点したところである。絶滅危惧種としてリストアップされている「バラタナゴ」だが、「しびんた」も「がくびんた」も数が随分減っているようだ。久しぶりに江津湖に出かけてボートを操って「びんた釣り」も一興だなと思っている。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 往生院 | トップ | 海岸防災林の盛り土に…震災が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。