津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■古文書くずし字見わけかたの極意 他

2017-02-13 17:41:55 | 書籍・読書
 古文書くずし字見わけかたの極意
 
      柏書房


            極意があるなら伝授していただこう。税込1,944円で済むのならお安い事である。
            いつもいつも悪戦苦闘している身にとっては有り難い事だが・・・・・・・・・・・
            同じ著者の手がかりをつかもう!古文書くずし字」という本もある。 

内容説明

大人気の古文書講師・油井宏子先生が伝授する、くずし字判読の秘伝の数々。初学者・入門者でも、スラスラと読めるようになる魔法の一冊が誕生。くずし字を上下・左右に分解する目を養うことで、だれもが一五〇年以上前の文字に親しむことができるようになります。

目次

第1章 「カタカナ」と「ひらがな」は漢字から読める
第2章 部首から漢字を読む
第3章 似ている部首を知っておこう
第4章 ひとつの漢字から広げよう
第5章 部首で見わけがつかない漢字
第6章 こんなに読めるようになった

著者紹介

油井宏子[アブライヒロコ] 
1953年千葉県市川市生まれ。1976年東京女子大学文理学部史学科卒業。船橋市、市川市の公立中学校教諭を経て、1989年からNHK学園古文書講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■延享二年二月十二日・六道の... | トップ | ■万延元年藩主代替わり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初学者向けですかね (都会草)
2017-02-13 19:02:32
Amazonレビューの星三つを読むと、初級者むけなのかなとも思いますね。
もっとも、私のように、全く崩し方を理解しないままGoogle自然検索で「御座候」や「罷」などを判読してしまっている人間には大いに勉強になりそうです。
よさそう (白山)
2017-02-19 20:43:44
タイトルから法則性を推察します。よさそうですね。記録して、縁があったら買います。ありがとうございます。
足腰を鍛え、まだまだやりたいことを続けてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。