津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■一つの情報

2016-11-26 06:31:50 | 史料

 平野新兵衛が家老・長岡(米田)監物に宛てた一通の覚書がヤフオクに出ていた。

    
        奥田太郎兵衛

 右太郎兵衛儀轉切支丹
 加賀山太郎兵衛玄孫奥田
 蒹舟忰ニ而御座候以上             蒹(けん=あし)

  天明六年
   十二月十九日 平野新兵衛 花押

長岡監物殿

ここでの収穫は(1)太郎兵衛成る人物の特定が出来た事、(2)番頭を勤めていた平野新兵衛の花押が判明したこと、そして(3)この書状の制作年が確かな事である。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 加賀山克巳  (南東18-23)
    1、加賀山太郎兵衛 
         【転切支丹】 寛永十三年七月十三日 禅宗に罷成り・・(勤談跡覧-肥後藩之切支丹)
            細川忠利公御書出(寛永十年九月)二百石

    2、    主馬
            三男村井家に入り、四代村井十郎左衛門友則
    3、    金左衛門之勝  十二番牧平左衛門組 二百石 (真源院様御代御侍名附)
                     二百石 (真源院様御代御侍免撫帳)
            細川光貞公御書出(寛永十八年八月)二百石
    4、奥田太郎兵衛賢親
    5、   十兵衛之清  二百石 佐敷詰御小姓組五番
    6、   太郎兵衛    御鉄炮十挺頭 二百石
    7、   金吾(十兵衛)
    8、加賀山関之助    御番方組脇
    9、    隼次(太郎兵衛・一朶)
    10、   克巳      二百石

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■長岡佐渡(島原の陣で恩賞)... | トップ | ■1即決/送込 西南戦争 戦袍日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

史料」カテゴリの最新記事